top of page
  • Writer's picturelonite

ペットロスによって現れる症状とは?


家族同然の猫や犬などのペット。そのペットを亡くしたり、失う危機に遭遇したりしたら、誰しも辛い心境に陥ります。そうしたペットの喪失感により引き起こされるのがペットロスです。


ペットロスは心身にさまざまな症状をもたらし、一定の経過をたどると言われています。また、ペットロスになりやすい人の傾向もあります。そのため、ペットロスへの理解を深めておけば、辛い状況を克服しやすいでしょう。その一つとして、ペットの遺灰や遺毛で作る遺灰ダイヤモンドのような形見は有効です。それでは、ペットロスに関して知識を深めていきましょう。


ペットロスによって現れる症状とは?

かけがえのないペットを失ったときに起こる心身の反応をグリーフ(悲嘆)と言います。


愛猫、愛犬などへの喪失感にみまわれると、精神と肉体にさまざまな変化があらわれます。ここでは、一般的に起こるペットロスの症状を挙げます。


精神的な症状

ペットロスによる精神的な症状は以下の通りです。

  • 深く落ち込む

ペットに限らず、喪失は深い悲しみをもたらします。一緒にいた猫や犬への愛情は計り知れないもの。彼らがいなくなった辛い現状は大きな悲しみとなります。

  • 集中できない

何をしていても愛猫や愛犬などペットのことばかり考えてしまい気力が奪われます。辛い心情がゆえに、行動することができません。

  • 無気力

この世を去った猫や犬のことに注意がとられているために、物事に興味が持てなくなります。そのため、喜びや楽しみを感じることも難しいでしょう。

  • パニックに陥る

ペットロスを引き金に精神的な混乱が起きてしまう可能性があります。

  • 罪悪感を持つ

もっとこうしてあげればよかったなど自分を責め、悲しみだけでなく、罪悪感という辛い感情に襲われます。

身体的な症状

  • 突然悲しくなり、涙が止まらなくなる

悲しみから抜けきれていないため、猫や犬を見る、ペットを連想するような状況に出会うなど、ちょっとした刺激で辛い気持ちは膨らみ、涙が止まらなくなることがあります。

  • 食欲不振/過食

悲しいことや辛いことがあると、生きていく力が減退し、食べることへの気力が失せていきます。また、その逆に、食べることで辛い状況を緩和させようとする人もいます。

  • 下痢/便秘/吐き気/頭痛/発熱

愛するペットへの喪失感は大きなストレスとも言えます。そのため、身体にも負担がかかり、不調が引き起こされることがあります。

  • 目眩/難聴/幻覚・幻聴

辛い精神状態は、身体にさまざまな影響を及ぼし、身体の機能を不全にさせてしまうこともあるでしょう。

  • 不眠

日常で辛い出来事があると眠れないときがありますが、ペットロスも同様で眠れなくなってしまうことも多々起きます。


ペットロスになりやすい人・なりにくい人の特徴

愛猫や愛犬などを失うことは大きな苦しみですから、ペットロスになりやすい人は多いものです。しかし、ペットロスになりやすい人がいる反面、なりにくい人もいます。そこで、ペットロスになりやすい人の特徴をみていきましょう。


ペットロスになりやすい人の傾向とは、ペットを子どものように可愛がってきたのではなく、子どもとしてペットを可愛がってきた場合です。子どもに先立たれた親の悲しみは相当なもので、その克服も簡単にはいきません。それがペットの飼い主に起きてしまうのです。


続いてのペットロスになりやすい人の傾向は、猫や犬といったペットの生前での飼育において後悔がある場合。飼育中に十分な愛情を注げなかったり、体調の悪さを気づいてもすぐに対処しなかったりなど、ペットに申し訳なかったと思う人が多くなるようです。


もし、愛猫や愛犬が生きていたら何か行動することで、その感情を克服できるかもしれませんが、愛する猫や犬がもう存在しないとなると、その苦しみを克服することすら許されないため、ペットロスになりやすい人となってしまうのです。


そして、もう一つのペットロスになりやすい人の傾向は、猫や犬の寿命を考えていないケースです。猫や犬は、人間の寿命よりはるかに短いもの。それを忘れて、いつまでも一緒にいられると思うと、ペットの死に耐えられず、ペットロスの克服が容易にできなくなってしまいます。


ペットロス回復までのプロセス

では、ペットロスが回復するまでの過程を見ていきましょう。


1. 拒否


この時点では、ペットの死を受け入れられません。ショックのあまり、現実で起きている辛い状況をありのままに受け取れないことから、彼らの死に向き合うことができません。


2. 怒り


この時期は、「あの時こうしていればよかった」などの感情が沸き起こり、家族や獣医、そして自分を責めてしまいます。


3. 交渉


どんなことをしてもペットが戻らない現実に向き合うと、自分の命と引き換えにペットを生き返らせて欲しいなどの気持ちが生じます。


4. 悲しみ


ペットが生きて戻らないことを実感すると、辛い悲しみが襲ってきます。この段階までにペットロスのさまざまな症状が出るでしょう。


5. 受容、そして回復


喪失感から立ち直り、平常心が戻ってきます。今までは、愛猫や愛犬などのペットのことで頭がいっぱいになり、精神的にも肉体的にもいろいろな症状があらわれていた人も、この段階では、それらの症状は緩和、またはなくなっていきます。


さらに、ペットロスの症状が消えていくだけでなく、思い出を蘇らせるなどペットへの愛情が戻ってくる時期です。


ペットロスのプロセスを素早く通り抜けていくことが、心身の健康につながります。そのためには、遺灰ダイヤモンドといった手元供養で、ペットの思い出をそばに置くなど解決策を講じるといいでしょう。


ペットロスの克服方法

山登りのように新しいことにチャレンジすることでペットロスを克服できる人もいます。


ペットロスの精神的症状や肉体的症状は、深刻化することもあるので、少しでも早くにペットロスを克服していくことは大切です。ここからは、その克服方法をご紹介します。

  • 感情を素直に表現する

喪失に涙はつきものです。泣いてばかりいるのもよいとは言えませんが、涙を流すことを我慢していたり、辛い感情を抑えていたりすることはストレスとなり、ペットロスの克服を妨げます。泣きたい時は泣いて、感情を吐き出しましょう。

  • 気の許せる人に話す

ペットロスは理解されにくい時があります。そのため、ペットを亡くした悲しみを持つ人や、ペットと関係していた家族や友人などと思い出を語ることが克服を早める方法です。

  • 好きなことをする

何かに夢中になることは、執着している物事から注意を外す一つの解決策。そのため、ペットロスの克服にも最適です。自分の好きなことに没頭する時間を増やしましょう。

  • 葬儀をしてお別れをする

ペットが亡くなることはとても辛いことですが、きちん区切りをつけることがペットロスの克服に役立ちます。その克服方法として、費用はかかりますが、人の死のようにグリーフケアの一環として葬儀を執り行うこと。愛猫や愛犬の死を受け入れることができ、ペットロスのさまざまな症状が引き起こされることを防ぎます。

  • お墓や祭壇を作る

お墓や写真などを飾って祭壇を作ることもペットロスの克服方法です。多少費用は必要であっても、お参りしたり祭壇に手を合わせたりして供養できると、ペットに心の中で再会でき、悲しみを和らげます。

  • メモリアルグッズを作る

遺灰ダイヤモンドのようなメモリアルジュエリーは、ペットといつも一緒にいる感覚が持てるのでおすすめです。なかでも、ペットの遺灰や遺毛から作られる遺灰ダイヤモンドは、彼らを身近に感じることができます。


遺灰ダイヤモンドは天然ダイヤモンドの生成工程を人口的に作った装置で作製されます。そのため、遺灰ダイヤモンドは天然同様の美しい輝きを放ちます。しかも、愛猫や愛犬の遺灰や遺毛で作られるため、遺灰ダイヤモンドには彼らの輝きもプラスされます。遺灰ダイヤモンドの費用は288,000円から。サイズやカラーによって遺灰ダイヤモンドの費用は異なります。 遺灰ダイヤモンドは、亡くなったペットの遺灰や遺毛での作製工程から、ダイヤモンドの葬儀とも言われています。葬儀と供養が一つになった遺灰ダイヤモンドは、世界で最も美しい弔い方と人気です。

遺灰ダイヤモンドは別途費用でジュエリー加工も可能。遺灰ダイヤモンドをネックレスや指輪などにして、肌身離さず身に付けることで、ペットを供養でき、ペットロスの大幅な緩和が期待できるでしょう。つまり、最も美しい克服方法とも言えるかもしれません。 その他に珍しいものだと、ペットロスを癒すために井波彫刻で愛犬を制作するというサービスもあります。


まとめ

愛していた猫や犬などのペットが亡くなると、深い悲しみに陥り、心身ともに辛い症状をもたらすペットロスが起こります。


ペットロスの症状は、拒否、怒り、悲しみといった精神的な苦しさを超えて回復していきますが、この時に食欲不振や過食、不眠や発熱などが肉体的な症状が現れる人もいます。


ペットロスの克服方法は、思いっきり泣いたり、ペットを知る人と思い出を語ったり、ペットの遺灰や遺毛で作る遺灰ダイヤモンドを身につけたりなどがあります。遺灰ダイヤモンドは、葬儀にもなるため、ペットの死に区切りをつけつつ、供養もできるのでおすすめです。


435 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page