top of page
  • Writer's picturelonite

ペンシルベニア州での葬儀・告別式はどのように計画すればよいのでしょうか?

Updated: Dec 14, 2023



メモリアルサービスは、多くの点で葬儀式と似ています。主な違いは、葬儀式では閉棺であれ開棺であれ、遺体は葬儀の中心的存在であるのに対し、メモリアルサービスでは遺体は現場に置かない点です。その代わり、額縁に入った遺影や骨壷が使用されています。

亡くなった人のために適切な見送りを企画する場合、その州で適用される法律も知っておく必要があります。今回は、ペンシルバニア州の葬儀・告別式についてお話します。


葬儀を計画について詳しい案内


ペンシルベニア州では、葬儀の手配をどのようにするかが法律で決められています。故人が自分の追悼式と埋葬の詳細を処理するために誰かを明確に指名した場合、これらの願いは常に一順位に尊重されます。指名された人がいない場合、故人の生存している配偶者がこの責任を負うことになります。配偶者がいない場合、その責任は近親者に引き継がれます。

ペンシルバニアで葬儀を計画するとき、次の質問を持っているかもしれません。


  1. 企画に協力できる人は誰ですか?

  2. 葬儀屋は必要か、不要か?

  3. 埋葬または火葬?

  4. 葬儀の費用はどのくらいかかるのか?

  5. 葬儀の費用は誰が負担するのか?

  6. 葬儀の場所と時間?

  7. 葬儀式には誰を招待するのか?


ペンシルベニア州の葬儀に関する法律


自宅での葬儀


遺体を埋葬したり、その他の方法で処分する前に、地元の登録機関または州人口統計登録機関から許可を得なければなりません(ペンシルバニア州法 § 450.504の35項目により) 遺体のほとんどは、確立された墓地に埋葬されますが、私有地への埋葬も可能です。自宅埋葬を行ったり、家族墓地を購入したりする前に、従わなければならない地元の法律を確認してください。私有地に遺体を埋葬する場合は、埋葬地の地図を提供し、将来他の人が見ても場所がわかるように、不動産の証書と一緒に提出しなければなりません。


墓地・埋葬地


ペンシルベニア州葬儀消費者連合会によると、州内には特定の埋葬や維持管理方法を規定する規則はないとのことである。民間の営利目的の墓地(1万件のうち約600件)は、証書の売買に関わるため、不動産委員会の管轄になる。それ以外の教会や友愛団体が運営する墓地は、州のライセンス要件を免除されている。

ペンシルバニア州では、2006年頃から、墓地に人間用、ペット用、ペットと一緒に埋葬したい人用の3つの区画を設けることができるようになったのです。


火葬と火葬後の遺骨の最終処分について


米国で最初の近代的な火葬場は、1876年にジュリアス・ルモイン博士(Dr. Julius LeMoyne)によってペンシルバニア州に建設されたことをご存知ですか?ペンシルバニア州法は、遺体を火葬する前に、地元の登録機関または州人口統計登録機関から許可を得ることを要求しています。(ペンシルバニア州法 § 450.504の35条により.) 火葬許可が下りる前に、公式の死亡証明書のコピーと、故人の遺体を火葬する希望であることを示す近親者の確実に署名入り火葬許可証が必要です。


火葬後の遺灰は、自宅の納骨堂、ニッチ、墓、容器などに保管することができるため、保管場所や散骨場所を制限する州法はありません。また、散骨を希望される場合も、その選択肢も多様です。


遺骨ダイヤモンド


Cremation Diamonds Are a Fast-Growing Alternative to Traditional Burial.
遺骨ダイヤモンドは、従来の埋葬に代わるものとして急成長しています。

メモリアル・ダイヤモンドとも呼ばれ、通常は火葬後に埋葬される遺骨やペットの遺骨を使って、実験室で作られるダイヤモンドのことです。遺灰から炭素を採取し、非常に高い熱と圧力をかけ、地殻の中でダイヤモンドが自然に生成される条件を模倣して作られます。そして、出来上がったダイヤモンドを記念品として個別に保管したり、ジュエリーにセットして遺族が身につけることで、故人を永遠に偲ぶことができるのです。

ペンシルバニア州では、遺灰をダイヤモンドにすることに関する特定の州法はありません。


ペンシルバニア州の葬儀費用及び遺骨ダイヤモンドの費用について


葬儀の計画は、初めてかどうかに関係なく、精神的に圧倒される経験です。友人や家族に頼るようにしましょう。


ペンシルバニア州の葬儀の平均費用はいくらですか?


従来のフルサービス埋葬は、葬儀社の基本サービス料、エンバーミングと遺体のケア、葬儀前の訪問または通夜、教会または葬儀社のチャペルでの礼拝、墓地までの葬列、埋葬前のコミッタルサービスを含んでいます。この費用は$7,785(約¥1,065,357)から$17,950 (¥2,457,369)の間で、通常、棺の平均的な費用が含まれています。

火葬のフルサービスには、葬儀前の訪問または通夜、教会または葬儀場のチャペルでの礼拝、基本的な火葬サービス(死亡場所からの故人の搬出、火葬場への移動、火葬のサービス)が含まれています。この費用は$6,511 (¥891,431)から$15,570(¥2,131,710)の間で、通常、火葬用棺の平均費用が含まれています。

直接火葬には、死亡場所からの故人の搬出、火葬場への移動、最後の火葬サービスが含まれます。業者によっては、火葬用容器の代用品として追加費用がかかる場合があります。この費用は、$42,449 (¥5,811,851)から$6,360(¥870,771)の間となります。

直葬とは、防腐処理や拝観サービスを行わずにご遺体を埋葬することです。基本的なサービス料と、死亡場所から墓地までの遺体の移送が含まれます。基本的な棺の費用が含まれており、葬儀の費用は通常$4,066 (¥556,829)から$8,980 (¥1,229,405)の間です。


ペンシルバニア州で遺骨ダイヤモンドの平均価格はいくらですか?


遺骨ダイヤモンドの価格は、0.25カラットのナチュラリーアンバー™ダイヤモンドの¥319,000から、3カラットのピュアリーカラーレス™ダイヤモンドの ¥2,950,000までとなります。ただし、価格はサービス提供者や選択するダイヤモンドの特徴(特にカット、カラット、クラリティ、カラー)によって異なる場合があります。

今日、ペンシルベニア州では、事前計画を検討する家族がますます増えています。これは、愛する人が葬儀の計画に伴うストレスから解放される方法として、葬儀と埋葬のすべての側面を前もって、時には数十年前に手配し、支払いを行うものです

6 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page