top of page
  • Writer's picturelonite

永遠の思い出: 遺骨ダイヤモンドジュエリー



私たちは、愛する人の死に直面する人々の光源でありたいと願っています。驚くほど壮快的かつ協力的なプロセスを通じて、私たちはご家族やご友人が人生の輝かしい瞬間を称えるお手伝いをします。 大切な人の遺灰を、身近に置いておけるダイヤモンドにするお手伝いをします。 あなたの愛する人のストーリーをユニークに伝える遺骨ダイヤモンドをデザインし、その人の目を思い出させる色やユニークな個性を表す色を選んでください。



遺骨ダイヤモンドとは


遺灰や遺髪から作られる遺骨ダイヤモンドは、天然に採掘されるダイヤモンドと同じ化学的、物理的特性を持っています。メモリアルダイヤモンドや永遠のダイヤモンドなど、さまざまな名前で知られています。火葬した遺骨(灰)を浄化し、内部に含まれる炭素を抽出し、高圧高温装置(HPHT)を利用して研究所で育成されます。火葬された遺骨には、年齢や食生活などによって1~4%の炭素が含まれています。


遺骨ダイヤモンドは、生命の構成要素である炭素を原料として作られています。遺灰や髪の毛からジュエリー基準の遺骨ダイヤモンドを作るには、火葬した遺骨の炭素を極めて高い純度で精製する必要がある。髪の毛は真空環境下で加熱処理され、遺灰は手作業で精製工程を経て精製されます。髪の毛や遺灰に含まれる炭素の量は一人一人異なるため、工程や結果はオーダーごとに違っていきます。


天然ダイヤモンドは、地下の高圧高温(HPHT)環境で形成されます。高圧高温プレスで自然環境を模擬し、遺灰から精製された炭素をダイヤモンドに変換します。ダイヤモンドの種を準備し、プレスの内側ハブの底に入れます。プレス機の内部は2000℃以上に加熱され、触媒金属が溶かされる。溶けた触媒金属が高純度のパーソナルカーボン源を溶かし、小さなダイヤモンドシードに運ばれて結晶化する。遺骨ダイヤモンドが誕生し、成長し始めます。

その後、熟練した職人の手によって研磨されます。まず、遺骨ダイヤモンドは、主要なファセットを配置する分析が行われます。これは、ダイヤモンドの重量、透明度、そして形状に合わせた最適な角度を確保するために行われます。最初の作業が行われた後、ダイヤモンドは、主要なファセットを滑らかにすることによって終了します。これは、ダイヤモンドを研磨として知られています。メインファセットが研磨された後、最終ファセットは、ダイヤモンドの上に研磨されています。




遺骨ダイヤモンドジュエリーとは


メモリアルダイヤモンドを通じて大切な人を称えることで、お二人の関係のユニークさと素晴らしさを称えることができます。大切な思い出は永遠に生き続けますが、最も美しい方法で思い出を残すことができるのは、心の慰めとなります。


遺骨ダイヤモンドは、高品質の認定された遺骨ジュエリーダイヤモンドで、ユニークな生涯の真の記念品です。Lonite遺骨ジュエリーダイヤモンドの保証:すべての遺骨ダイヤモンドは、世界的に有名で高度な訓練を受けた宝石鑑定士が個別に鑑定、検査、グレーディング、識別しています。認定された高品質の遺骨ダイヤモンドには、あらゆる不具合に対する独自のダイヤモンド保証を提供します。



  • リング: 個人的なオリジナルジュエリーを贈ることは、その人の気持ちや瞬間を伝えることであり、その人はいつも心のそばに置いておくことができます。かつてエジプトでは、愛を円、つまり指輪に例えて象徴していました。そのため、指輪は心臓とつながっていることから、伝統的に薬指にはめられるようになったのです。美しいダイヤモンドのイニシャルリングを作り、いつも薬指につけておくとよいでしょう。

  • ペンダント: 大切な人をいつも身近に感じることができます。

  • ピアス:ダイヤモンドは表情を豊かにし、笑顔を明るくしてくれます。大切な人がいつも応援し、寄り添ってくれていることを感じられる。


ダイヤモンドは、ほとんどの場合、青く浮かび上がりますが、時には黄色や無色、黒に近い色に見えることもあります。人体に含まれる微量のホウ素が青味を生み出しているのですが、なぜ色が変わることがあるのかは、メーカーでもよく分かっていないそうです。無色透明が一番人気。 遺骨ダイヤモンドのメーカーは、「ダイヤモンドはそれぞれ個性的で美しい」と言う。大量の遺骨は必要ないため、火葬した遺骨から複数のダイヤモンドを作ることも可能です。


  • 遺灰を遺骨ダイヤモンドジュエリーにするには、どのくらいの費用がかかりますか?

  • ダイヤモンドの価格は、カラット、カット、カラーによって異なります。米国では0.25カラットのアンバーダイヤモンドで1400USドル(約178500円)がスタート価格です。

  • ジュエリーの価格は、選択するデザインと材料によって異なります。ジュエリーのコレクションのすべての種類のプラチナ、金、ホワイトゴールドとローズゴールドの材料があります。




記念のジュエリーを作る理由


意味のある記念品や家宝 - それは世代から世代へと受け継がれるものです。贈り物には、その瞬間や機会を記憶し、象徴となる力があります。


  • ユニークさ:大切な人・ペットの遺灰から作られます。大人から子供まで身につけられるジュエリーを提案します。また、ペットは家族の一員として見られることが多いものです。そのため、愛するペットからダイヤモンドを作ることもあります。

  • どこにでも持ち運べる



遺骨ダイヤモンドにふさわしいジュエリーの選び方とは?


ロニテ™の遺骨ダイヤモンドジュエリーのカタログからお選びいただくか、お好きなジュエリーの写真をご送付ください。ロニテ™は、カスタマイズ性の高いサービスを提供しています。


ロニテ™のプロフェッショナルからアドバイスを受けることができます。ジュエリーカタログに加え、ジュエリーのデザインプロセスのすべてのステップと決定に関与し、忘れられないオーダーメイド体験ができます。スケッチからコンピューターモデルの作成まで、私たちはあなたの夢を叶えるために、あなたのそばに応援します。私たちのカスタマーサービスは、カスタマイズオプションの見積にお手伝いをさせていただきます。


遺族が遺骨ダイヤモンドを手に入れたら、どんな魅惑的な宝石を使うのと同じように、それを使うことができます。例えば、すでに述べたように、指輪やイヤリング、ペンダントなどに宝石を配置することを好まれる方が多くいらっしゃいます。また、ジュエリーを身につけたり、ケースに入れて飾ったりする方もいらっしゃいます。遺骨ダイヤモンドは非常に硬いため、このような遺骨ジュエリーは耐久性があり、何世代にもわたって家宝や思い出となるのです。

1 view0 comments

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page