top of page
  • Writer's picturelonite

遺骨ダイヤモンド:最愛の人やペットを見送る最高の方法

Updated: Dec 20, 2023


A Beautiful Pear Cut Lab-Grown Diamond Made from Ashes
美しいペアカットの遺骨をダイヤモンドリング

死別を体験したあとに辛く悲しい思いをするのは自然なことです。愛する人を失うことに直面しても、大切なペットの人生の終わりに直面しても、死という人生の必然に伴う悲しみに圧倒され苦悩してしまうことはよくあります。そのため、多くの人が死にまつわる会話をタブー視しているのです。


故人に別れを告げることの大切さ


大切な人との最後のお別れは、決して簡単なことではありません。しかし、グリーフケアの専門家によると、きちんとお別れを告げることは悲嘆のプロセスにおいて非常に重要なステップであるといいます。


たとえ死のような最も辛い経験しても、遺族が対処して前に進むためには、その事実を認め、適切に処理する必要があります。つまり、故人に別れを告げることで、私たちは人生の次の段階に進むための区切りがつくのです。


【2021/22年最新版】亡くなった故人を見送るための方法

別れの言葉は、亡くなった愛する人を見送るための大切な言葉です。

世界の葬儀業界の革新のおかげで、ますます多くの人々が、故人に敬意を表し彼らの記憶を次の世代に残す、新しく型にはまらない方法を受け入れています。

ここからは、人々が故人を見送るために行っている創造的なアイデアをいくつかご紹介します。


お別れの言葉を書く


日記や、手紙、メール、テキストメッセージ、詩などで自分の気持ちを表現することができます。お別れの言葉を書く際には、故人に直接話しかけ、言いたくても言えなかったことをすべて伝えましょう。また、故人との大切な思い出をすべて記録し、悲しみに暮れているときに読み返すこともできます。


故人について語る


あなたの人生には、新しい友人、大切な人、子どもなど、あなたの愛する故人が交わることができなかった人々が常に存在します。その人たちに故人のことを話し、写真を見せ、あなたの大切な思い出を話してください。


「生きている世界で自分を覚えている人がいなくなったとき、あなたはこの世から消える。それを私たちは『最後の死』と呼んでいます」- 映画『Coco (リメンバー・ミー)』


特別な儀式や葬式を行う


Lighting a Candle Is a Ritual Rooted in Both Culture and Religion
ろうそくを灯すことは、文化と宗教の両方に根ざした儀式です。

グリーフケアの専門家によると、故人が亡くなった後に、故人とお別れする儀式を行うこと自体が、グリーフケアになると言います。亡くなった大切な人に敬意を表するための儀式の例としては、以下のようなものがあります。


  • 一日のうち、あるいは一週間のうち、特定の特別な時間にキャンドルを灯して、愛する人のことを思い出す。

  • 大切な人がお気に入りだった場所へ定期的に行く。

  • 大切な人が支援していた慈善事業や活動に定期的に寄付をする。

  • 大切な人の墓参りに行く。

儀式は、あなたに合わせてカスタマイズすることもできますし、故人の友人や家族と一緒に行うことも可能です。


メモリアルグッズや故人の形見を作る


メモリアルグッズとは、亡くなった大切な人を偲ぶためのものです。メモリアルグッズには、故人の写真や、生年月日、命名、墓碑銘を入れるのが一般的です。

ここからは、今最も人気のあるメモリアルグッズを紹介します。


メモリアルガーデン

Consider Planting the Deceased's Favorite Flowers
故人が好きだった花を植えることを検討しましょう

メモリアルガーデンは、故人を末永く偲び、遺族が思いを馳せ、癒しを得る場となります。メモリアルガーデンでは、一本の木のような小さなものから、さまざまな花、観葉植物、低木、樹木を植えた特大の花壇まで、さまざまなものを作ることができます。


植物を選ぶときは、故人の好きだった花や、思い出の香りや色などを選ぶといいでしょう。また、ユリやバラ、ヒナギクなど、故人と同じ名前の植物を取り入れるのもひとつのアイデアです。


勿忘草(思い出)、ローズマリー(追憶)、ポピー(安息、永遠の眠り)、黄色いチューリップ(友情)、ピンクのカーネーション(あなたを忘れない)など、特定の意味を持つ植物を選ぶこともできます。


メモリアルベンチ

メモリアルベンチは、故人を偲ぶための家具です。一般的に木で作られていますが、金属や石、合成素材で作られることもあります。


一般的に、メモリアルベンチは公共の場や家庭の庭に設置されます。愛する人の名前とメッセージを刻んだプレートで、後世に残る愛のメッセージを伝えることができます。


メモリアルダイヤモンド/遺骨ダイヤモンド

メモリアルダイヤモンドは、「遺骨ダイヤモンド」や「遺灰ダイヤモンド」とも呼ばれ、亡くなった故人やペットの遺骨をラボで成長させたダイヤモンドのことです。


メモリアルダイヤモンドの人気の背景には、大切な人を亡くした後、火葬した遺灰をどうやって処理するかという大きな疑問があります。遺灰を散骨したり、骨壷に納めたり、あるいは埋葬することもできますが、まったく新しいものに生まれ変わるのを見たいという人たちが増えてきています。


また、ダイヤモンドは何世紀にもわたって、揺るぎない献身、愛、パートナーシップ、約束、友情の象徴として使われてきました。そのため、遺灰からダイヤモンドを製造するのは、亡くなった大切な人を偲ぶのにぴったりの方法と言えます。


遺骨ダイヤモンドは偽物なのか?


遺骨ダイヤモンドは、髪の毛や遺灰に含まれる炭素を利用して製造する、本物のダイヤモンドです。遺灰をダイヤモンドにすることができるのは、人体の18%が炭素(C)であり、ダイヤモンドは基本的に炭素が結晶化したものだからです。


人体の3%を占める窒素(N)は、遺骨ダイヤモンドに淡い黄色から濃いオレンジ色までさまざまな琥珀色を与えます。ピュアリーカラーレスダイヤモンドは、遺骨ダイヤモンドを作る前に、炭素(C)から窒素(N)を除去することで製造が可能です。


遺骨ダイヤモンドができるまで


メモリアルダイヤモンドを作るには、約200gの遺灰か10gの遺髪が必要です。遺灰を入れ物に入れ、高温で炭素以外のすべての元素を酸化させます。そして、さらに温度を上げると、炭素はグラファイト(黒鉛)になります。このグラファイトと金属触媒、そしてダイヤモンドの種結晶を装置の中に入れ、プレスをかけます。プレスが作動している最後の段階では、部屋の温度が高温に保たれ、遺灰が結晶化します。


天然ダイヤモンドと異なり、メモリアルダイヤモンドや遺骨ダイヤモンドの原石は、通常、表面にグラファイトなどが混ざっています。遺骨ダイヤモンドの原石は、ダイヤモンドの専門家がお客様の仕様に合わせて丁寧にカット、研磨します。



遺灰をダイヤモンドに変えるのにかかる費用


遺灰を遺骨ダイヤモンドにするための費用は、319,000円からです。LONITÉの遺骨ダイヤモンドの価格は、選択するダイヤモンドの特徴によって異なります。


遺灰をダイヤモンドにするために必要な費用は、すべて網羅されているのです。メモリアルダイヤモンドを製造するには、大切な故人の遺灰や遺髪をスイスに送りいただく必要があります。そして、遺骨ダイヤモンドの製造が完了した後、平均6ヶ月以内にお客様が注文したダイヤモンドが届けられます。遺骨ダイヤモンドの価格には、輸送費、配送料などのプロセスにおけるすべての費用が含まれています。


遺骨ダイヤモンドは、「ダイヤモンドは永遠に」という言葉にまったく新しい意味をもたらします。故人の輝きをいつもそばに感じたい、あるいは故人の際立った個性を残したいとお考えなら、遺灰をメモリアルダイヤモンドのような美しい宝石に変える技術を持つ企業のサービスを利用しましょう。

3 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page