top of page
  • Writer's picturelonite

遺骨ダイヤモンドの鑑定とグレードの付け方

Updated: Dec 25, 2023

遺骨ダイヤモンドは、アメリカの文化に大きな影響を与えつつあります。人々は、遺灰を貴重なダイヤモンドに変えることによって、最愛の人の思い出を生き続ける必要性を感じ始めています。しかし、遺骨ダイヤモンドが認定され、良いグレードであることを確認する需要がしばしばあります。


A Stunning Pear-Cut Cremation Diamond Made by Lonité™.

遺骨ダイヤモンド

遺骨ダイヤモンドは、その名の通り、愛する人の遺灰から形成された本物のダイヤモンドです。天然ダイヤモンドと遺骨ダイヤモンドの唯一の大きな違いは、その起源です。天然ダイヤモンドは、炭素原子が地殻の下で高温にさらされることで形成されます。遺骨ダイヤモンドの場合、すべてのプロセスは即興で行われます。


人体には約18%の炭素が含まれているため、天然の炭素からダイヤモンドへの変換をシミュレートするのに十分な材料があるのです。天然ダイヤモンドが生成される自然の環境を再現するため、ラボでは高圧高温(HPHT)の環境をシミュレートし、遺灰からの炭素は最終的に高熱にさらされ、遺骨ダイヤモンドが形成されるのです。


遺骨ダイヤモンドは、大切な人との思い出を残すのに最適なメモリアルアイテムです。この美しい作品は、しばしばペンダントやブレスレットに組み込まれ、常に身につけることができます。そうすることで、そのような人々は、亡くなった愛する人がいつも自分の側にいることを感じられるのです


なぜ遺骨ダイヤモンドの認証とグレーディングが必要なのか。

ダイヤモンドは何世紀にもわたって採掘されてきたにもかかわらず、そのグレードと品質はしばしば疑問視されています。それはほとんどのダイヤモンドの買い手は、購入する前に彼らのダイヤモンドの品質とグレードを確認したいことは秘密ではありません。しかし、それは肉眼でダイヤモンドのグレードと品質を決定することはほとんど不可能です。これは、ダイヤモンドのグレーディングと認定プロセスは非常に必要となります。


宝石商と独立した研究所は、広く受け入れられるスケールを決定するために、ダイヤモンドのグレーディングシステムを採用しています。それはダイヤモンドのユニークな品質のいくつかの詳細なレポートが含まれているため、ダイヤモンドのグレーディングは非常に重要です。専門宝石学者は、正しい結果を確保するために、これらの評価とグレーディングを行います。


ダイヤモンドの等級とは別に、ダイヤモンドの認定はまた、ダイヤモンドの品質の宝石商を保証するために十分なメディアとして機能します。多くの場合は、彼らは評判の良い団体からの証明書を参照してくださいときに、宝石の品質を保証されていると確信できます。


グレーディングと証明書は、ダイヤモンドの色、透明度、およびカットのグレーディングの精度を調べます。簡単に言えば、ダイヤモンドの証明書は、あなたがお金に良い値を取得していることを確認するための良い方法です。


遺骨ダイヤモンドのグレーディング


場合によっては、ダイヤモンドの品質を効果的に判断するために、鑑定書だけでは十分でないこともあります。適切に認定とグレーディングの基礎を理解するために、ダイヤモンドの特性のしっかりとした知識を持っている必要性があります。これらの特性は、将来の遺骨ダイヤモンドの購入者は、そのダイヤモンドの認定が正しいかどうかを判断するのに役立ちます。


では、遺骨ダイヤモンドを際立たせるこれらの特性とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。


ダイヤモンドカラット

遺骨ダイヤモンドのカラット特性は、任意の標準的なグレーディングレポートの顕著な特徴の一つである。ほとんどの非公式の設定では、ダイヤモンドのカラットは、品質の最高のテストと見なされます。遺骨ダイヤモンドのカラットは、その重量を指し、1グラムの5分の1(0.2グラム)に相当する。ダイヤモンドのカラット等級は、1カラットを100点満点で評価します。また、ダイヤモンドのカラット数によって、コストや価値が決まります。ポイント数が減ると、ダイヤモンドの価値も下がります。


ダイヤモンドクラリティ

ダイヤモンドのこの特性は、単に遺骨ダイヤモンドに存在する欠陥の程度を指します。遺骨ダイヤモンドの形成過程では、ある種の不純物やブレミッシュが存在しないことはほぼあり得ません。遺灰は高圧高温(HPHT)にさらされ、ダイヤモンドに傷跡を残す可能性があります。


ダイヤモンドの透明度も、グレーディングの重要な一因となります。ダイヤモンド内部の不純物はインクルージョンと呼ばれ、表面の不純物はブレミッシュと呼ばれます。カラットのグレーディングシステムと同様に、宝石鑑定士はダイヤモンドの透明度のレベルを決定するためにスケールを使用します。11段階のクラリティ・スケールを用いて、ダイヤモンドはフローレスから顕著なインクルージョン・ポイントまで等級付けされます。フローレスとは、ダイヤモンドにブレミッシュや傷がないことを意味し、非常に稀なケースです。一方、プロミネンスインクルージョンとは、ダイヤモンドに多くの傷やブレミッシュがあることを意味します。


ダイヤモンドカラー

他のタイムレスな作品と同様に、遺骨ダイヤモンドも多彩な色で人目をひいている。ジェモロジストは、ダイヤモンドの色特性を使用して、A ~ F のスケールでグレーディングします。これらの専門家は、それが落ちるカラースペクトルを決定するために、ダイヤモンドの色相、トーン、および彩度を取る。多くの場合は、、ダイヤモンドの色のはまた、その価値と価格に影響を与えます。深みのある力強い色を持つダイヤモンドは、明るい色を持つダイヤモンドよりも高く評価されます。また、かなり希少な無色のダイヤモンドもあり、グレーディングシステムでは他よりも価値が高いです。

発色は、カラーグレーディングシステムに影響を与えるもう一つの重要な要素です。強烈な蛍光を放つダイヤモンドは、素晴らしい色の資質を備えていると広く信じられています。宝石鑑定士は、ダイヤモンドに含まれるホウ素の痕跡の量に応じてダイヤモンドを等級付けするために蛍光スケールを使用しています。


ダイヤモンドカット

カットは、遺骨ダイヤモンドの重要なグレーディング特性として広く認識されています。ダイヤモンドのカットは、単にダイヤモンド内の対称的な配置を指し、ダイヤモンドに光源を当てることで検査されます。カットの鑑定は、ダイヤモンドの光の反射の方向を調べることによって実施されます。パーフェクトカットのダイヤモンドは通常、最適に光を反射する。また、深いカットと浅いカットを持つダイヤモンドがあり、これらはすべてダイヤモンドのグレーディングレポートに含まれています。ダイヤモンドのカットは、ダイヤモンドのグレードを評価する上で重要な役割を果たします。




ダイヤモンドのグレーディングの過程


A Stunning Pear-Cut Cremation Diamond Made by Lonité™.
ロニテ™の美しいペアカットの遺骨ダイヤモンド。

ダイヤモンドのグレーディングは非常に手の込んだプロセスで、ダイヤモンドが研究所に届けるとすぐに始まります。このグレーディングのプロセスには全過程で匿名性を確保してい行います。名札のついたダイヤモンドは、すぐに名札を剥がされ、その後、固有のID番号に置き換えられます。

ダイヤモンドの鑑定は、適切な取り扱いに注意を払って行わなければならないです。鑑定士は、検査や鑑定の段階でダイヤモンドがその個性を失わないよう、取り扱いに特別な注意を払います。また、鑑定士はハイグレードな技術を駆使して、ラボ内のダイヤモンドの位置を常に追跡しています。この追跡プロセスにより、グレーディングの各段階を分析することができるのです。

グレーディングが完了すると、米国宝石学会から鑑定書が発行されます。発行されるレポートは、非常に綿密で、専門的で、詳細なものです。鑑定書には、ホログラム、マイクロプリントライン、およびその他の特定のセキュリティコンポーネントが含まれています。これらの余分なセキュリティ対策は、ダイヤモンドの所有者が証明書の真正性を確認できることを保証します。これらが完了すると、研究所のGIAスタッフは、ダイヤモンドと証明書が所有者に届けられることを確保します。

遺骨ダイヤモンドは、特に亡き愛する人とのつながりがあるため、最も貴重なアイテムです。しかし、これらのダイヤモンドが本当にユニークであるかどうかを確認する必要がある。グレーディングと証明書のプロセスは、最適な品質を確保することを唯一の目的のために設計されました。専門の宝石鑑定士は、米国宝石学会(GIA)の傘下でグレーディングと鑑定を行っています。遺骨ダイヤモンドのバイヤーはダイヤモンドのグレーディングと認定結果から期待するものを知っている。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page