top of page
  • Writer's picturelonite

2024年の新トレンド:遺髪と遺灰で作るメモリアルダイヤモンド

Updated: Dec 15, 2023


灰をブリリアント・ラウンドカット・ダイヤモンドに変える
灰をブリリアント・ラウンドカット・ダイヤモンドに変える

古来より、生と死は常に重要な問題でした。数百年前から今日に至るまで、私たちは親族や友人の死後に、火葬や水葬、土葬などの伝統的な葬儀方法を採用してきました。2021年になると、新しい葬儀・埋葬の形式が世界で人気を博し、通称「ダイヤモンド葬」と呼ばれる、遺髪と遺灰で作られたメモリアルダイヤモンドが登場しました。


メモリアルダイヤモンドとは


メモリアルダイヤモンドとは、愛する故人の思い出と輝きが込められた特別な意味と価値を持つダイヤモンドのことです。「遺骨ダイヤモンド」や「ダイヤモンド葬」とも呼ばれ、高圧高温(HPHT)技術を駆使して、遺灰を本物のダイヤモンドに変えることができるのです。メモリアルダイヤモンドはラボグロウンダイヤモンドの一種で、大切な故人をいつもそばに感じることができる供養方法です。このメモリアルダイヤモンドをジュエリーに加工し、身につけることで、亡き故人への想いを表現することができます。


ジュエリー業界で注目のラボグロウンダイヤモンド


メモリアルダイヤモンド、遺骨ダイヤモンド、遺灰ダイヤモンド、ヘアダイヤモンド、その他これに類する特別な意味を持つダイヤモンドは、宝飾業界ではラボグロウンダイヤモンドと総称しています。


ラボグロウンダイヤモンドの2つのメリット


ラボグロウンダイヤモンドを留めたリング
ラボグロウンダイヤモンドを留めたリング

メリット1:ラボグロウンダイヤモンドの価格


ラボグロウンダイヤモンドのメリットは、まず、天然ダイヤモンドよりもコストパフォーマンスが高く、形成期間も短いという点です。


ラボグロウンダイヤモンドのカラー、クラリティ、カラット、カット(4C)は、天然ダイヤモンドと変わりません。同じカラット、同じグレードであれば、ラボグロウンダイヤモンドの市場価格は、天然ダイヤモンドの半分かそれ以下ととても安価です。Bain & Companyの「グローバル・ダイヤモンド・インダストリーリポート2019」によると、2016年のラボグロウンダイヤモンドの小売価格は天然ダイヤモンドの約80%、2017年から2020年にかけてはそれぞれ65%、50%、35%と比率が減少しています。生産コストと小売価格の低下は、ラボグロウンダイヤモンドがさらにシェアを拡大するための強力なサポートとなるでしょう。


製造期間の面でも、天然ダイヤモンドの形成サイクルが1億年にも及ぶのに対し、ラボグロウンダイヤモンドはわずか数週間しかかかりません。


メリット2:ラボグロウンダイヤモンドの持続可能性


天然ダイヤモンドの埋蔵量は限られており、世界のダイヤモンド生産量は2017年以降、年々減少しています。Bain & Companyの「グローバル・ダイヤモンド・インダストリーリポート2020」によると、世界のダイヤモンド原石生産量は、今後10年間は安定的に推移し、保守的に1%から2%の割合で減少し続けると予想されています。新たな鉱床が見つかる確率は低く、ダイヤモンドの消費需要は依然として増加傾向にあります。需要と供給のアンバランスが、ラボグロウンダイヤモンドにチャンスをもたらしているのです。


  • ラボグロウンダイヤモンドは、環境保全や、低炭素で環境に優しいライフスタイルを追求する新しい世代にマッチしています。

  • ラボグロウンダイヤモンドが環境に与える影響は、ダイヤモンドの採掘による影響の1/7程度にすぎません。

  • ラボグロウンダイヤモンドが地表環境に与える影響は、天然ダイヤモンドが引き起こす影響の約1281分の1に過ぎません。

  • ラボグロウンダイヤモンドの生産・製造に伴う二酸化炭素排出量は、天然ダイヤモンドの採掘量の1.5億分の1に過ぎません。

  • ラボグロウンダイヤモンドが消費する水は、天然ダイヤモンドの69億分の1です。

  • ラボグロウンダイヤモンドのエネルギー消費量は、天然ダイヤモンドの1/2.1でしかありません。


Bain & Companyの「グローバル・ダイヤモンド・インダストリーリポート2020-2021」によると、2020年のラボグロウンダイヤモンド原石の世界生産量は約600万〜700万カラットでした。


ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドは、同じ物質です。科学的に見れば、どちらも炭素元素で構成され、硬度はモールス10です。物理的な性質や化学組成に違いはありません。現在、世界で最も信用されている宝石の研究・教育機関のGIAとIGIは、ラボグロウンダイヤモンドを「本物のダイヤモンド」として認め、ダイヤモンドの4C規格に基づく鑑別書を発行できるようになりました。一般のプロだけでなく、一部の検査機関でさえもラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの見分けができないこともあります。


全体として、ラボグロウンダイヤモンドは、現在の社会の持続可能な開発の概念にぴったりです。低炭素で環境に優しいライフスタイルを追求する若い消費者にも、より合致していると言えるでしょう。


メモリアルダイヤモンドの製造過程


遺灰や遺髪を使ったメモリアルダイヤモンド
遺灰や遺髪を使ったメモリアルダイヤモンド

ここで言うメモリアルダイヤモンドとは、高圧高温(HPHT)技術で製造されたダイヤモンドのことです。炭素源は、顧客から提供された故人やペットの遺灰や遺髪で、製造プロセスを経て、遺灰や遺髪がユニークなダイヤモンドへと変貌を遂げるのです。製造工程は、大きく分けて以下の3つのステップに分かれています。


遺灰や遺髪からの炭素元素の精製


メモリアルダイヤモンドは、人やペットの遺灰や毛髪から抽出された炭素元素を原料としています。遺灰や遺髪から宝石品質のメモリアルダイヤモンドを作るには、炭素を非常に高い純度で精製する必要があります。実験室では、殺菌した遺灰や髪の毛を透明な高温誘導炉(温度5,400℃)に入れ、特殊な器具を使って炭素を抽出します。この工程は、メモリアルダイヤモンドの製造に不可欠であり、完成したメモリアルダイヤモンドの色を直接決定するものです。


高圧高温(HPHT)技術を使った結晶化


天然ダイヤモンドの形成条件を実験室で再現し、純化・精製した炭素源を高温高圧の環境下でゆっくりとダイヤモンド原石へと成長させます。


メモリアルダイヤモンドのカット・研磨


ダイヤモンドのカッティングは、古くから伝わる伝統的な技術です。当社では、熟練した職人と最新のツールを採用しています。これにより、メモリアルダイヤモンドはより美しく上品に輝くのです。


メモリアルダイヤモンドジュエリーのスタイル


メモリアルダイヤモンドリング
メモリアルダイヤモンドリング

メモリアルダイヤモンドは、ジュエリー加工をして普段身につける方も多いです。LONITÉでは、ユーザーの好みに合わせて、ジュエリーの種類とその定番スタイルを用意しています。



最も一般的で実用的なタイプのジュエリーであるリング。LONITÉのリングは、幅広いスタイルからお選びいただけます。



ペンダントは、夏向きのジュエリーですが、いつでも身につけることができます。



イヤリングは、最も繊細なタイプのジュエリーで、控えめでユニークなジュエリーがお好みの方に適しています。


 

メモリアルダイヤモンドの申し込みの流れ


注文に関する問い合わせ

まず、LONITÉのカスタマーサービススタッフに、メモリアルダイヤモンドの価格見積もりを依頼しましょう。弊社のスタッフがご注文の流れを説明し、遺灰の提出までサポートいたします。オーダーメイドでメモリアルダイヤモンドを作りたい場合は、お気軽に弊社スタッフまでお問い合わせください。ご注文を承りましたら、追跡用のオーダーIDをお送りします。


遺灰/遺髪の提出


ダイヤモンドを作るために必要な遺灰と遺髪の重さは、当社のホームページを参考にし、お客様ご自身で容器をご用意いただき、発送の手配をしていただきます。


お支払い


ご希望の支払い方法を選択し、支払いの手続きをお願いします。ご注文時にメモリアルダイヤモンドの料金の半額を支払い、メモリアルダイヤモンドが完成した際に残金をお支払いください。

10 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page