top of page
  • Writer's picturelonite

ペットの遺骨をどうするか?

Updated: Dec 7, 2023


ペットの遺骨をどうするか?


ペットの死は、ほとんどの人にとってかなり大変なことです。時には人間以上に。忠実の伴侶と完璧な友人を失うのですから。技術の発達により、ペットの遺骨を処理し、より経済的で 環境に優しい方法で記念する方法がたくさんあります。この記事では、ペットの埋葬、火葬、そしてペットの遺骨を科学的研究に寄付することについて説明します。


埋葬


ペットの火葬した遺灰を骨壷に入れて保存する飼い主がいる一方で、遺骨を埋葬することを好む飼い主もいます。遺骨をその場所に埋葬することもできます。また、埋葬場所の上に木や花の咲く低木を育てる緑の埋葬地を提供する団体もあります。


安全で合法的な埋蔵スポット


ペットの遺骨を埋葬するには、多くのスポットが合法とされています。しかし、中にはそれが許されない聖地もあります。

  • 裏庭・敷地をお持ちの方: ペットの遺骨を自宅敷地内に埋葬することは合法であり、安全です。裏庭や自宅の裏山など、簡単に掘り起こされない場所に浅いお墓を作っておくとよいでしょう。

  • 専用の骨壷庭園: 骨壷庭園や火葬庭園は、ペットの遺骨を埋葬することができる墓地専用のスペースです。墓標を設置した区画もあります。

  • 自然葬の墓地: 人が住んでいなかったり、草木が生い茂ったりしている昔の埋葬地のことで、里山墓地とも呼ばれる。ペットの遺骨を自然に近い形で埋葬することができます。

ペット霊園


ペットの遺体を安全に保管できる場所として、ペット霊園があります。これは普通の墓地と同じですが、ペットのためのものです。ここにペットの遺骨を浅い墓に埋葬することができます。その後、墓標で印をつけます。


もう一つの素晴らしいアイデアは、霊園の骨壷庭園に保管することです。埋葬前や埋葬中に、彼らのために小さな祈りの儀式をしておくこともできます。きれいな墓石を追加したり、その上に小さな木や花の咲く低木を植えたりすることができます。

霊園にある犬の墓石
霊園にある犬の墓石

火葬


ペットの遺骨を埋葬することは、多くの人にとって非常につらいことです。また、ペットの一部をメモリアル形見として残しておきたいと思うこともあるでしょう。そんな時、火葬は最良の選択です。


個別火葬vs.合同火葬


私たちは、一人ひとりがペットを愛しています。だから、お葬式は盛大なお別れのようにしたいものです。


おそらく、ほとんどの方が個人火葬を選択されるでしょう。しかし、個別で火葬する余裕がない場合は、合同火葬を選択することもできます。


合同火葬の場合、火葬機関が遺灰を想い出の庭園に散骨したり、共同墓地に埋葬したり、骨壺庭園で保管したりします。合同火葬では、ペットの遺体と一緒に医療廃棄物も焼却する業者もあります。個別火葬の後、飼い主はペットの遺灰を取り戻し、保存、散骨、埋葬のいずれかを行うことができます。このように、ペットの遺体は敬意と尊厳を持って扱われるのです。


個別火葬も合同火葬も短所と長所があります。また、合同火葬は個別火葬よりも安価です。ですから、予算が限られている方にとっては、合同火葬の方が実現しやすいと思います。ペットの個別火葬では、飼い主はペットの遺灰を取り戻すことができますが、合同火葬では飼い主は遺灰を取り戻すことができません。


無炎式火葬


また、水葬やアクア火葬と呼ばれる、通常の火葬に代わる環境に配慮した火葬もあります。ペットの遺体を化学成分とミネラルに分解する、アルカリ加水分解というプロセスを用います。高気圧、水酸化カリウム、水を用いて行います。


サービス料金は、地域や会社によって大きく異なります。アルカリ加水分解は、火葬とほぼ同額で、埋葬よりかなり安価になります。


温度にもよるが、300°Fで6~8時間程度、200°Fで18~20時間程度の処理が必要です。


95%の水と5%のアルカリ性の混合液を使用するそうです。複雑な化学結合は完全に分解され、基本的な栄養元素が与えられます。この液体がペットの遺体を優しく洗いながら、スチール製のステンレスチャンバーに入れられます。最後に、糖分、ペプチド、アミノ酸を含む緑茶色に染まった液体が出てきます。また、多孔質で柔らかい骨の残骸もあります。そして、残った液体を火葬機で白や黄色の灰にして、ペットの飼い主に返します。


この方法は、アメリカでは19州ほどで合法とされています。その他、南アフリカ、オーストラリア、メキシコ、オランダの一部で合法とされています。火葬に比べ、必要なエネルギーが大幅に削減されます。


ペットの遺灰はどうする?


ペットは家族の一員であるだけでなく、徐々に私たちの心や魂の一部になっていきます。ペットは私たちと一生を共にします。一緒に笑い、一緒に遊び、悲しいときには慰めてくれます。


可愛いペットを失うと、私たちにとってつらいことです。ペットが去ったとき、ほとんどの人はその遺骨を保管し、またある人は宇宙と一体化するために自由にさせたいと考えます。ここでは、ペットの火葬された遺灰を丁重に扱う方法を紹介します。


  • 散骨: 飼い主にとって、ペットがお気に入りの場所に永遠にいることは、大きな慰めになることがあります。ペットのお気に入りの公園やビーチに遺灰を撒いてあげれば、それが叶うのです。

  • メモリアルツリー: あなたのペットが、他の生き物の繁栄に役立っているとしたら、素晴らしいことだと思いませんか?この場合、メモリアル・ツリーがそれにあたります。ペットの遺灰を木の根の近くや土の一部として埋めるだけです。

  • メモリアル・ジュエリー: ペットの遺灰をダイヤモンドに変えることで、ペットとの思い出を永遠に残すことができる美しい方法です。ロニテ™などの企業は、HPHT処理によって遺灰から遺骨ダイヤモンドを製造しています。ロニテ™は、ファンシー遺骨ジュエリーも提供しています。

  • メモリアル・ペインティング: ペットの遺灰を使って、ペットの素敵な絵を描きましょう。遺灰を絵の具に混ぜてもらうだけで、アーティストが魔法をかけてくれます。

ペットの遺灰から作られたペアシェイプのブルーダイヤモンドです。
ペットの遺灰から作られたペアシェイプのブルーダイヤモンドです。

科学研究のために遺骨を寄贈


博愛精神にあふれた方にとって、ペットの火葬や埋葬だけでは物足りないという考えもあるかもしれません。死後も何かに役に立てれば有意的だと思われるかもしれません。このような場合、ペットの遺骨を地元の大学や獣医学部に寄付するのは素晴らしいことです。


次世代の獣医師や動物介護士がよりよい訓練を受けるのに役立ちます。病気の動物の組織サンプルを使って、その病気の治療法が研究されます。これは、将来、他の動物が同じ病気と闘うのに役立ちます。獣医学部の学生は、これらの遺体を使って外科、病理学、解剖学を学ぶことができます。


ペットの遺骨の扱いは、どの道に進むか決めかねていると大変なことになります。一般的に、記念品が欲しい場合は、遺灰を保管することが良いとされています。また、その遺灰をダイヤモンドに変えることもできます。しかし、思い出が辛くて持っていられない場合は、埋葬するのも良い方法です。思い出すたびに、お墓参りをすることができます。この記事が、あなたが物事を明確に理解し、適切な決断をするのに役立てば幸いです。

9 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page