top of page
  • Writer's picturelonite

ペットとの死別乗り越える方法&悲嘆を癒す儀式・形見を解説

Updated: Dec 13, 2023



愛するペットの瞳の輝きを、メモリアル・ダイヤモンドで永遠の輝きに

ペットを失うと、飼い主や家族の日常生活に大きな影響が生じます。散歩したり遊んだり、日常の何気ない行動に付き合ってくれていたペットがいなくなった途端に、悲しみでいっぱいになります。現在では、愛するペットの遺灰や毛から、形見を作ることができます。愛するペットの遺灰や毛から美しいメモリアルダイヤモンドを作ることで、常に存在を近くに感じることができます。


日常生活におけるペットの死別への対応


ペットロスは、経験者にとってはとても深刻な問題です。大切な仲間を失うわけですから、ショックも大きいですし、不安や悲しみで打ちのめされて、心のバランスが崩れてしまうこともあります。ペットを亡くしたことのある人なら、このことがとてもよくわかるでしょう。とても大切な人を失うのと同じように、ペットロスによって引き起こされる心身の反応は人によってさまざまです。


人と動物との愛情関係を知っていても、社会は犬を失うことを、本当に悲しみや苦悩を生み出すものとして扱ってはいないのです。動物が好きな人にとって、大切な仲間を失うということは非常につらいことです。


多くの人が思っているのとは逆に、ペットの死を前にして喪に服す瞬間は些細なことではありません。このような喪失感や不在感を乗り越えるには、数カ月、あるいは数年かかることもあるのです。そして、大切なペットとの思い出は、生涯を通じて残り続けるのです。動物の死で泣くことを悪いとは思わないでください。それはあなたの中に愛がある気持ちの現れなのです。あなたの人生の中でとても重要な位置を占めている存在ですから、どのように別れを告げるかはとても重要なことなのです。


最もふさわしい別れの儀式とは


喪に服す瞬間を経験することで、ペットのいない新しいライフステージを再構築することができます。大切なペットの写真や思い出の品は、自由に保存してください。犬を失った悲しみを癒すには、家の中から犬の痕跡を消すことが一番と思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。ペットの愛情のこもった思い出を、あなたのそばに置いておくことで、悲しみに寄り添い、ペットを尊重することができますし、ペットのことを思い出したいと思ってもいいのです。ペットとの思い出を残すことで、再びペットを身近に感じることができます。ペットの遺灰や毛から美しいメモリアルダイヤモンドを作ることは、ペットといつもそばにいるための方法のひとつなのです。


動物の火葬方方法とメリット


毎年、亡くなった方やペットのためにキャンドルを灯すことは、その道を照らすことになります
毎年、亡くなった方やペットのためにキャンドルを灯すことは、その道を照らすことになります

ペットの飼い主は、ペットの死後、その遺骨を適切に処理する必要があります。遺骨を処理するにはいくつか方法がありますが、最もメジャーなのは火葬です。この持続可能で実用的なプロセスにより、安らかで穏やかな別れの時間を過ごすことができるでしょう。


動物の火葬は、人間の火葬と非常によく似たプロセスで行われます。飼い主は、動物のために、映像、音楽、花などの要素を含むお別れの儀式を行うことができます。お通夜のようなものです。


生態学的に正しく、無公害で、持続可能であることに加え、ペットの遺体を火葬することは、人間のそれとは異なり、広く行われているわけではありません。ペットの火葬を決断することは、大切な仲間を敬い、愛情をもってお別れをする機会を与え、ペットとの思い出を永続させることへの関心を表明するものです。火葬は、環境にダメージを与えることがないため、最も持続可能な方法と考えられています。死後も、いつまでも身近にペットと一緒にいたいと願う飼い主は多いのではないでしょうか。火葬をすることで、彼らを称え、あなたにとってどれだけ特別な存在であったかを思い出すことができます。


ペットの遺灰を家に保管したくない場合は、別の方法を選択できます。たとえば、遺灰から美しいメモリアルダイヤモンドを作ってみてはどうでしょうか?遺灰をダイヤモンドジュエリーに変えるLONITÉのような会社は、ペットの遺骨からダイヤモンドを作ることができます。


メモリアルダイヤモンドの製造プロセスは、天然のダイヤモンドのプロセスとは異なります。メモリアルダイヤモンドは、特別な装置を使って高圧高温の環境を再現することで人工的に作られるのです。化学プロセスで遺灰から抽出した炭素を、高圧高温(HPHT)装置を用いて結晶化します。できあがったダイヤモンドを洗浄した後、カット・研磨されます。


形見としての遺灰ダイヤモンド


ダイヤモンドは原石の状態から、お客さまが望む形になるよう、カットと研磨の処理を施します。繊細な工程を経て、ダイヤモンドを指輪やネックレスに留めることもできます。愛するペットの一部でできたメモリアルダイヤモンドは、最高の形見となるでしょう。


火が遺体を遺灰にするように、遺灰から形見を作ることも可能です
火が遺体を遺灰にするように、遺灰から形見を作ることも可能です

ペットを失うことはとても辛い体験ですが、あなたやあなたの家族の悲しみを少しでも癒すために、愛するペットを見送るための方法や儀式を、これを機に考えてみましょう。





3 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page