top of page
  • Writer's picturelonite

最近のペット葬事情

Updated: Dec 18, 2023


昨今、社会現象も手伝って、ペットを飼いはじめる人が増えています。以前のペットは動物として可愛がられてきましたが、現在では、ペットを子どもや兄弟姉妹とみなす人も多数おり、一緒に暮らす家族の一員と考えられるようになりました。


そのためペットの死では、人間同様に葬儀を行い、骨からダイヤモンドを作って手元供養などをする人が増加中。そこで、ペットの死後の葬儀や手元供養などについて調べてみました。




なぜペット葬の需要が高まっているのか?


まずは、ペットの死後に、なぜ葬儀が行われるようになったのかを見ていきましょう。以前は、ペットは自宅の庭に埋葬するのが一般的でした。しかし、今は…。


ペットブーム

ここ数年、ペットブームと言われています。それは、新型コロナウィルスの影響により、自宅で過ごす時間が増えたことから。多くの家庭でハムスター、猫、犬などのペットを飼う人が増加しました。


ペットの死は必ずあります。ですから、ゆくゆくはペットの死に立ち会うことになり、ペットの死のあとに火葬や葬儀が増えていくのです。そして遺骨を霊園に埋葬したり、ペットの死を弔うためにお墓を作ったり、自宅で供養したり、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)を作って手元供養したりなど、ペットの死後は一連の行動が続きます。


人口密度と密接な関係

日本の人口は都市部に集中する傾向があります。そのため、ペット可のマンションや庭のない一戸建てで、犬や猫を室内で飼う人が多数います。

しかし、この場合は、ペットの死後、自宅の庭に埋葬できないのが難点。犬や猫などのペットの死はもとより、ハムスターといった小さなペットの死でさえも埋葬できません。そのため、ペットの火葬や葬儀が増えているのです。

また、このような住居に住んでいる方の多くは、ペットの火葬後に遺骨を自宅供養したり、一部を遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)などの形見として所持し、手元で供養したりすることもよくあります。


価格設定が良心的

ペットの葬儀の需要増加に伴い、葬儀社や霊園など、ペットの葬儀を行う業者や団体が増えました。そのため、ペットの火葬や葬儀価格の相場も明確になってきています。

ペットの火葬は動物のサイズによって変動し、ハムスターなどの小動物は2万円以下、大型犬になると4〜6万円程度です。また、葬儀は読経がある場合は僧侶の費用がかかりますが、お別れの儀式といった葬儀であれば価格が抑えられます。人間の葬儀を考えると、かなり手頃な値段で実施できる点が、ペットの火葬や葬儀の需要を高めている要因でもあります。



実際ペット葬はどのくらい利用されているのか?

続いて、ペットの葬儀の利用について調べました。

シェアリングテクノロジー株式会社のインターネット調査によると、ペットの個別葬儀が望ましいと考える人は60%以上。そして、合同葬儀が10%強。合計すると、ペットの死のお悔やみとして葬儀が望ましいと考えている人は、70%以上となります。かなり多くの人が、ペットの火葬や葬儀をしたいと考えているのが伺えます。

実際にペットの死後に葬儀を行う動物の種類は、


  • うさぎ

  • ハムスター


が多いようです。

さらに、葬儀後はペットのお墓が必要であると答える人は80%近くいます。お墓があれば、お墓参りにいくことができ、ペットの死を慰めることもできるでしょう。

また、形見として遺骨を自宅で供養したり、遺骨から遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)を作る、ダイヤモンド葬を行った後に手元供養したりする人も増えています。


ペット葬をする理由


では、なぜペットの葬儀をするのでしょうか? これには、ペットの存在意義が大きく関わっているようです。


罪悪感を感じないようにするため

以前は、ペットの死亡が確認できたら、焼却場に運んで焼いてもらっていました。小さな動物であれば、埋葬という形がありますが、中型犬ほどの大きさでは埋葬は衛生的に良くないことや、埋葬できるほどの大きな庭がないため、埋葬ができないこともあります。

そこで、ペットの火葬を保健所に頼むと焼却場で複数の動物とまとめて焼くため、処分扱いとなります。ペットを家族同然と考えて暮らしてきた人にとっては、ペットの死でさえ耐え難いのに、このような火葬ではさらなる辛さを与え、愛犬や愛猫に罪悪感を感じてしまうでしょう。そこで、ペットの火葬は火葬場で行うことを望む人が多いのです。


大切な家族として人間のように扱いたい

食べ物や医療技術の発展により、人間と同様に犬や猫といったペットの高齢化も進んでいます。つまり、長く一緒に暮らすペットは、ただの動物ではなく、家族の一員。そうなると、愛犬や猫の死、そのほかのペットの死を慰めるためにペットの葬儀を執り行いたいと思うのもごく一般的です。

葬儀はペットの死を受け入れ、ペットの死から立ち直りを早める効果があると言われています。ですから、ペットの葬儀が、ペットの死での悲しい思い、ペットの死によるストレスや後悔などを和らげてくれるでしょう。


愛するペットをずっと側に感じていたい

愛するペットの死に大きなストレスを感じる人は少なくありません。そうでなくても、ペットの死は悲しい気持ちになります。そのため、いつまでもそばにいてほしいと感じ、形見として遺骨全部を骨壷に入れて自宅供養する人は大勢います。


  • 手元供養

  • 手元供養は、遺骨の一部を手元で供養する形態のこと。自宅供養と方法は一緒で、遺骨を骨壷に入れて仏壇等に安置します。部屋のインテリアにもなるようなデザイン骨壷もあるため、リビングの一角に骨壷を安置して、生前の愛犬や愛猫がいるかのように感じている家族もいます。

  • 最近注目されている新たな供養の方法

  • 最近注目され、世界でもっとも美しい葬儀、そして手元供養と言われているのがダイヤモンド葬です。それでは、ダイヤモンド葬がどのようなものかを見てみましょう。


メモリアルダイヤモンド(遺骨ダイヤモンド)の一流メーカーであるLONITÉ™(ロニテ)の遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)は、遺骨から抽出した炭素をほぼ100%にまで精製し、天然ダイヤモンドと同じ環境を再現した装置の中で遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)を生成します。


LONITÉ™の遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)は輝きも特性も天然ダイヤモンドと同じです。しかも、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)は愛犬や愛猫の遺骨、遺灰、遺毛から作れられるため、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)そのものが、ペットそのものにように感じられます。ですから、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)のきらめきは、ペットが輝いているかのような美しい輝きとなるのです。

また、ペットの遺骨、遺灰、遺毛からとった炭素が元になっているため、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)のサイズやカラーは、ペットによって異なります。そのため、愛犬や愛猫の雰囲気が伝わってくるのも遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)の良さでしょう。


遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)は、ペットの写真と一緒に仏壇などに安置している人も多いですが、ジュエリー加工をして身につける人も多数います。遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)で作るさまざまなジュエリーは、外出時もペットと一緒にいる気持ちになれると好評です。


もちろん、LONITÉ™の遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)のジュエリーは、デザインの美しさに定評があり、

Lonité™ Cremation Diamond/Memorial Diamond
(LONITÉ™の遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)
  • リング

  • ピアス

  • ブレスレット


3種類から選ぶことができます。

  • コンティニュアスシルバー

  • 18金、14金(イエローゴールド/ローズゴールド/ホワイトゴールド)

  • プラチナ


の素材に加え、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)のデザインも豊富です。


ペットの死から立ち直れない人は肌に身につけて、ペットと片時も離れない遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)のジュエリーを検討してみるといいでしょう。


新型コロナウィルスの感染拡大防止を受けて、自宅にいることが多くなった昨今、ペットを飼う人が増えています。それに伴い、ペットの死における火葬や葬儀も増加中。さらに、遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)を作り、手元供養する人も大勢います。


また、都市集中型になっている日本では、ペット可のマンションや庭なしの一戸建てに住み、室内でペットを飼う人が多数。また、人間同様の火葬や葬儀にも関わらず、手頃な価格でできることもペットの葬儀が増えている背景です。


ペットの死後、ペットの葬儀を利用したい、お墓が必要であると考えている人がとても多いのは、ペットが愛する家族の一員という位置付けからでしょう。焼却場で焼かれてしまうのは処分と考え、ペットに罪悪感を感じる人も少なくありません。


そして、遺骨を引き取り、手元で供養することも今では一般的です。遺骨で作るダイヤモンド「遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)」にすれば、ペットの輝きをみながら手元で供養でき、ペットを身近でいつでも感じることができます。特に遺骨ダイヤモンドのジュエリー加工することで、肌身離さずペットを弔うことができるでしょう。


6 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page