top of page
  • Writer's picturelonite

火葬の歴史

Updated: Jan 26




導入


人生はとても素晴しく、死はそんな人生に恋に落ちました。嫉妬の多い恋は、人生の全てを奪い、去って行きました。愛する人が亡くなる年齢に関係なく、その方と十分な時間を過ごせなかったことはよく悔やまれるものです。死が時に悲劇と見なされるのは、このためでしょう。別れの痛みに耐えながらも、一方で、私たちは故人の一生を讃え、弔おうとしますー特に、その方が人生を全力で生き、周りから愛されていた方なら。これは、宗教葬、土葬、 火葬式など、さまざまな方法や流れ・プロセスで行われます。


火葬(cremation)はラテン語の「cremo」に由来し、死体の燃焼を意味します。現代の火葬のプロセスは、天然ガスまたは石油を使う火葬炉内で約1000℃の温度で死体を燃やすことと定義されています。プロセスが完了すると、骨と灰、つまり火葬後の遺骨と遺灰のみが残ります。科学的には、火葬の流れ・プロセスは酸化した死体の燃焼、蒸発から基礎的な化学物質への変化と定義されています。これらの成分には、乾燥した骨の外観を保ったガス、灰、および鉱物の破片などが含まれます。

火葬の歴史


Ancient Open Air Cremation
古代に行われていた屋外での火葬式

火葬プロセスがいつ始まったのかははっきりとわかりませんが、中国では紀元前8,000年に人々が火葬されていたという証拠があります。 しかし、専門家のほとんどは、火葬が紀元前3,000年頃(石器時代初期)になってからよく行われるようになったと結論付けています。 火葬はヨーロッパと近東で始まり、後期石器時代に北ヨーロッパに広まったと考えられています。西ロシアで発掘された華やかな陶器に、火葬の流れ・プロセスの証拠を見出すことができます。


青銅器時代には、火葬の流れ・プロセスはスペイン、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、アイルランドに広がりました。数世紀後、フリーメーソン、革命家、アナキストなどのグループは、カトリック教会の影響を軽減する方法として火葬を実践しました。事実、ローマカトリック教会は20世紀まで火葬に反対の立場を取っていました。

アジアでは、火葬式は流れやプロセスにそって、主に仏教徒によって行われ、1300年以前には中国と韓国の二カ国で行われていました。現代の火葬式の流れ・プロセスは1800年代後半に始まりました。


火葬式の流れ・プロセスと方法


Requiem Mass Before Cremation
四国にある火葬場

火葬式の流れ・プロセスに関して決まったルールはありません。しかしながら、葬儀と火葬式の流れ・プロセスと方法は、伝統、文化、宗教によって異なります。葬儀場・斎場で利用できるサービスとオプションによって火葬式の流れ・プロセスが変わることもありますが、喪主と葬儀社・斎場が協力し、故人と遺族の希望する葬儀や火葬式の流れ・プロセスと方法を叶えるためにアレンジをすることが一般的です。


火葬式の流れ・プロセスは、遺体の実際の火葬式の前または後に葬儀が行われるように流れやプロセスが構成されます。火葬の遺灰は、火葬式の流れ・プロセス完了後の葬儀日に骨壷に納められ、遺族の方が見られるようにすることもあります。このこともあり、火葬式サービスにかかる時間や流れ・プロセスを明確に定義することはできません。


通夜やその他の宗教的儀式は、実際の火葬式の日、または火葬式の流れ・プロセスの一部として行われます。もちろん、遺体の火葬をするためには、死亡届と死亡診断書を役所に提出し、火葬許可証を発行してもらう必要があります。許可証の発行後、物理的な火葬プロセスを開始して、流れを決めることが可能です。


実際の火葬の流れの前に葬儀や告別式が行われる場合、故人は納棺され、遺族の希望があれば納棺士により特別なメイクが施されます。故人は棺に入ったまま火葬に向かうため、通夜から告別式・葬儀、火葬式までの流れは一貫したプロセスと言えます。火葬が終わると棺は完全に燃焼してなくなり、故人のご遺骨とご遺灰のみが残ります。このご遺骨・ご遺灰から、遺骨ダイヤモンドは作られます。



Send the Casket to Cremation Chamber
棺を火葬場へ送る

火葬の前に、遺族(ほとんどの場合、喪主)は、ジュエリーやペースメーカー・脊髄刺激装置などの医療機器が取り外されていることを確認します。火葬式の流れ・プロセスの一環として、危険物が遺体に取り付けられていないという宣言が必要です。ペースメーカーなどの医療機器は、火葬プロセス中に爆発し、火葬炉に損傷を与え、スタッフを負傷させる可能性があります。



火葬炉は一度に遺体を一体処理するよう設計されており、故人の遺骨・遺灰をだけを収集することができます。日本では、遺体の火葬だけを行い、通夜や儀式・告別式などを行わない直葬・火葬式の需要が高まっています。葬儀代や会食費がかからないため、費用もかなり安くなります。この事実は、 火葬式後の遺骨・遺灰をダイヤモンドに変える流れ・プロセスとは関係ありませんが、高齢化社会・核家族化が進む現代にとってぴったりの選択肢と言えます。



Cremated Remains
火葬した遺灰/遺骨

現代の火葬式場では、実際の火葬が行われる火葬炉に移されるまで、遺体は温度管理された部屋に保管されます。火葬炉は摂氏約600度に予熱されています。温度が下がることを避けるために、機械化されたドアを通して遺体は素早く移動されます。

ドアが閉じられると、遺体は摂氏約1,000度の強烈な炎の柱で燃やされます。熱は最初に遺体を乾燥させ(人体の75%は水で構成されています)、その後すぐに軟部組織と筋肉を燃焼さし、蒸発させます。火葬プロセスの最終段階で、骨は石灰化します。火葬の完了後、遺灰・遺骨のみが残ります。これらは、ダイヤモンドに変わる大切な遺灰・遺骨です。

しかし、火葬式の流れ・プロセスを経た遺物はよく想像されるように全てが遺灰となるわけではなく、乾燥した骨片のようなものです。通常、火葬器を使って遺骨を粉骨する必要があります。火葬器は、遺骨の破片を遺灰に変える機械です。通常、このプロセスには約20分かかります。火葬プロセスのこの最終ステップで、遺骨は細かい砂のような肌触りと色になります。

火葬された遺体の遺骨・遺灰の総重量は、成人女性では約1.8 kg、成人男性では約2.7 kgです。これらの火葬によってできた遺骨・遺灰はダイヤモンドに変えることができます。遺灰・遺骨の量は様々な要因によって異なり、火葬後の遺灰・遺骨をダイヤモンドに変える際の重要な考慮すべき点となります。


平均的な人体は、完全に焼却されるまで2〜3時間かかります。火葬プロセスが完了すると、火葬の遺灰・遺骨が残ります。世の中全ての人が火葬場で火葬の遺灰・遺骨を集めるわけではありません。葬儀場や焼却棟の担当者に火葬式後の流れ・プロセスで遺灰・遺骨を処分するようお願いする人もいます。


愛する人の火葬式後の流れ・プロセスで、遺骨・遺灰を収めることを選んだ方には、選択肢があります。火葬式後の遺骨・遺灰を骨壷に入れお墓に埋葬する流れやプロセスがその1つです。一部の墓地では、複数の故人の遺骨・遺灰を一緒に保管する納骨堂と呼ばれる特別な建物もあります。火葬式後の遺骨・遺灰を自宅で骨壷に保管したり、海や私有地に撒いたりする流れやプロセスを選ぶ方もいらっしゃいます。


火葬式の流れの最後プロセスとして、葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経てできた遺灰・遺骨から別のものを作り出すこともできます。遺灰は他の素材と組み合わせて花火にする​​か、タトゥーのインクとして使用できます。遺骨を海洋の人工サンゴ礁に付け加えることも可能です。火葬の遺灰を宇宙に発射したり、ヘリウム風船で海に浮かばせたりもできます。


火葬式の流れ・プロセスの最終段階として、火葬式後の遺灰からダイヤモンド を作る流れやプロセスを選択することもできます。火葬の遺灰をダイヤモンドに変えることで、亡くなった方の思い出を永遠にする素晴らしい家宝を作成することができます。この選択により、一連の火葬式の流れ・プロセスに終止符を打ち、残された大切な遺族の方が葬儀の後も故人への愛する気持ちを表現し続ける方法として、遺骨ダイヤモンドを大事にすることができるようになります。


葬儀や火葬サービスは、火葬式の流れ・プロセス自体と同様に、時代の流れとともに大幅に変化してきています。火葬式の流れ・プロセスやその方法は、今では完全に個人の好みの問題になりつつあります。しかし、多くの人々にとって、火葬式の流れ・プロセスは依然として文化的および宗教的な意味合いを持つものです。



ユダヤ教 – ユダヤ教は常に火葬に反対の立場をとってきました。死者はできるだけ早く棺に入れて埋葬されるべきだという信条によるものです。火葬は、一部のユダヤ人にとってホロコーストを彷彿させるものでもあります。しかし、現在、火葬式の流れ・プロセスは多くのユダヤ人にとって選択肢の一つとなっています。改革派のユダヤ教では火葬は認められていますが、伝統的なユダヤ人の間ではタブー視され続けています。

Main Religions Worldwide
世界の主要宗教


イスラム教 – イスラム教のシャーリア法によると、死後、遺体は地下に埋められなければなりません。火葬は固く禁じられています。イスラム教では、火葬はほとんど許可されておらず、疫病の発生時と聖職者によって承認された場合にのみ許可されています。肉体の復活はイスラム教の重要な教えであり、土葬はこれを叶える唯一の方法です。



キリスト教 – キリスト教は、イエス・キリストの再臨による肉体の復活を信じており、歴史的に火葬を禁じています。死体の焼却は、犯罪者、敵、偶像のためだけに行われました。ただし、今日のキリスト教のほとんどの宗派では火葬が許可されており、ローマカトリックの墓地の中にさえ、遺灰を納めるコロンバリウムがあります。


土葬に賛成し、土葬とイエス・キリストの復活を表す象徴として実践されています。死体の焼却は、犯罪者、敵、偶像のためだけに行われました。初期のキリスト教教会は、ローマ人など異教徒の社会で実践されていた火葬を否定していました。



ヒンドゥー教 – 他の主要な宗教とは異なり、ヒンドゥー教徒は長い間、遺体を処分する流れ・プロセスとして火葬を実践してきました。生まれ変わりを信じる彼らの信念と、いくつもの人生を経て進化する魂の概念は、肉体よりも霊的なものに重点を置いています。ヒンズー教徒はまた、火葬式を、ヒンズー教の火の神であるアグニへの捧げ物とし、魂が新しい体に移るのを助ける流れ・プロセスや方法であると考えています。



東方正教会のキリスト教 – 東方正教会のキリスト教徒の信念によると、体は神からの贈り物であるため、火葬の流れやプロセスは受け入れられません。ただし、一部の信者は、遺体そのものと一緒に行われた葬儀ミサの後の火葬式の流れ・プロセスを受け入れています。極端な状況下という条件付きで教会もこの方法を認可していますますが、敬虔な信者にとっては土葬が唯一の選択肢です。



無神論 – 無神論者は、一神教、多神教、死後の人生を信じず、また成文化された無神論者が信じるものの一覧もありません。したがって、葬儀や火葬式に関して決まった慣行や流れ・プロセスはありません。火葬式の流れ・プロセスは便宜上の行いと見なされ、故人によって指定されることもあります。無神論者の葬儀はまた、典礼や流れ・方法が必ずしも設定されていない個別の式です。



仏教 – ヒンズー教徒のように、仏教徒は死者が変容を経て再び生まれ変わる輪廻を信じています。そして、ヒンズー教徒と同様、仏教徒も火葬式を実践する長い伝統や流れ・プロセスがあります。火葬式は、典型的な仏教の葬儀の流れ・プロセスの一部であり、魂が新しい肉体に移行させる時間を与えるためにだいたい死の4日後に行われます。東京の火葬式の流れやプロセスも同様です。

火葬率は、文化、経済、宗教、地域的要因に応じて世界中で大きく異なり ます。世界唯一のヒンズー教の王国であるネパールのような国は、95%以上の割合で火葬が行われています。また、インドでも火葬の流れ・プロセスは非常に一般的です。これは、国の宗教的背景のためです。



利用可能な土地面積もまた、火葬プロセスの受け入れに役割を果たします。葬儀と火葬式は、東京をはじめとする日本では事実上同義語と言えます。北欧の大都市では最大90%の割合で火葬が行われていますが、たとえばノルウェーの全国平均はわずか36%です。



カトリック教会が支配的であった国では火葬率がはるかに低くなっています。火葬プロセスは、イタリアやポーランドなどの国では約10%の割合でしか行われていません。土葬用共同墓地の空き状況も、火葬ではなく土葬の広い普及に寄与する可能性があります。



火葬プロセスに対する意識は変化を続けています。英国では、火葬率は1960年の34.70%から2015年の75.44%と着実に上昇しています。火葬がすでに広く受け入れられている韓国では、若年層のほとんどが自身の火葬を望んでいることが示されています。2020年までに、米国では火葬プロセスがほとんどの場合に選択されると言われています。



火葬の仕組みと火葬式の流れ・プロセスについての理解は、火葬式の流れ・プロセスの受け入れに貢献しています。葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経てできた遺灰の廃棄、保管、および他のものへ作り変える流れやプロセスに対する意識も変化してきています。火葬式後に、遺灰を大切な品であるダイヤモンドに変える流れ・プロセスは、徐々に浸透しつつあります。



間違った知識


An Urn Is Not a Must for Cremation
骨壷・墓地の購入は 火葬に必要ありません

火葬プロセスには、さまざまな誤解が広く見られます。たとえば、一部の人々は、火葬プロセス中に遺灰は混合すると考えています。実際には、火葬場の職員は高い専門性を持つプロフェッショナルであり、火葬炉は火葬が終わる度にに徹底的に清掃されています。遺族に返される火葬の遺骨・遺灰は愛する故人のものであり、それらの遺灰から作られた遺骨ダイヤモンドも故人の体だけから作り出すものです。



一部の人々は、葬式を行うためには、家族が骨壷と墓地をまず購入しないといけないと考えています。実際には、葬儀と火葬サービスは家族の希望に応じて流れや内容をアレンジすることができます。同様に、遺灰・遺骨は、火葬式後の流れ・プロセスでダイヤモンドに変えるなど、さまざまな方法で廃棄できます。



火葬は環境に優しい選択だと考える人もいます。ただし、火葬プロセスにおける化石燃料の使用は、伝統的な土葬の生態学的な利点に引けを取ります。埋葬の種類と遺灰の処分方法によって、火葬プロセスはより環境に優しい場合とそうでない場合があります。


最後に、もう1つの誤解は、火葬には木材や他の可燃性材料を使用して葬儀後の火葬場で遺体を焼却しているというもので、これにより、火葬の遺灰と木灰が混ざると言われています。実際には、遺体は適切に設計された火葬炉で非常に高温(摂氏800〜1200度)で焼却されます。火葬遺物は火葬された遺体の遺骨・遺灰のみになります。



火葬の長所と短所


宗教的な理由とは別に、一部の人々は、さまざまな理由で伝統的な土葬よりも火葬を好みます。例えば、土葬された後の長く遅い分解プロセスへの恐怖などによるものです。一方、火葬プロセスは非常に迅速で、葬式の直後に故人の遺灰を保存したり、ダイヤモンドに変えたりもできます。



火葬式は葬儀のプロセス・流れを簡素化する方法としても長けています。サービスの種類によっては、火葬プロセスは土葬よりもはるかに安くなる可能性があります。火葬後に残った遺灰は容易に輸送できるため、火葬は海外在住の方の間でも一般的な方法です。



火葬の遺灰をダイアモンドに変える流れやプロセスを選択することで、引っ越しをする場合でも故人の火葬式後の遺物を簡単に保持できます。お寺の納骨堂に骨壷を納骨することや墓地に埋葬することは、家族がその地域から引っ越す場合、その地域とも大切な故人とも離れることを意味します。



火葬による葬儀費用


Traditional Burial is Usually Costlier
通常、伝統的な埋葬はより高価です

特に遺灰が埋葬されない場合、火葬は一般的に土葬よりもはるかに安価です。とはいえ、最近では、世界的に見ると火葬による葬儀費用は上昇しています。これは、火葬炉が新しい環境規制に準拠するために機器をアップグレードしたことが一因です。



英国では、成人の火葬費用は£500〜£3000程度です。 アメリカ合衆国では、費用は州ごとに異なり、最低価格は約650米ドルです。これらの費用には、通常葬儀や埋葬に必 要なコストは含まれません。


東京では、火葬式による葬儀プロセス・流れを実施するのにかかる費用は最低13万円程度から。東京をはじめとする日本で火葬式による葬儀の流れ・プロセスを実施し、お墓を購入しない場合はかなり安価になるため、低所得家庭のすることだと考えている人もいるかもしれません。しかし、故人を送る流れ・プロセスが多種多様になりつつある今日では、葬儀・供養の方法と社会階層は関係なくなりつつあります。葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経た遺灰からダイヤモンドを作ることができるという事実は、世代や経済状況に関係なく魅力的なオプションです。

Albert Einstein Was Cremated in 1955
Albert Einstein Was Cremated in 1955

参考までに、火葬を選んだ海外有名人には、以下のような方々がいます。

  • 物理学者:アルバート・アインシュタイン

  • 元米国大統領:ジョンFケネディ

  • 英国元首相:マーガレット・サッチャー

  • ノーベル平和賞受賞者:ワンガリ・マタイ

  • ラッパー・俳優:トゥパック・シャクール

  • シンガー・ソングライター:エイミー・ワインハウス

  • ウォルト・ディズニー

  • 元インド大統領:K. R. ナラヤナン

ただし、火葬にはいくつか欠点もあります。

  • 遺族が遺灰を埋葬したい場合は、墓地を購入する必要があります。

  • 火葬式の流れ・プロセスを実施するのは、伝統的な土葬よりもはるかに安いため、葬儀場によっては、収益不足を補うために追加費用が要求されます。

  • 遺骨を保管する場合、骨壷購入のために追加費用がかかります。

  • 火葬式の流れ・プロセスを実施すると、主要な温室効果ガスである二酸化炭素を放出します。火葬式の流れ・プロセスを実施は化石燃料も消費します。

  • 一部の人々は、火葬式後は大切な方の死体を見ることがないため、喪に伏す流れやプロセスを妨げると感じています。

土葬は、通常火葬式の流れ・プロセスを実施するよりも高価です


今後の傾向と技術的進歩


Modern Cremation Equipment
現代の火葬装置

今日世界中で行われている現代の火葬プロセスは、1873年にブルネットという名前のイタリア人教授によって発明されました。それ以来、火葬炉の数は世界中で着実に増加しており、さらなる技術の進歩により火葬プロセスは劇的に改善されました。


新しい技術であるアルカリ加水分解が現在人気を集めています。二酸化炭素を生成せず、化石燃料の使用を大幅に削減するため、「グリーン火葬」と呼ばれています。炎の代わりに、液体を使用してほぼ同じ時間で体を火葬することができます。グリーン火葬は、伝統的な火葬によるエネルギーの約25%しか使用しません。


グリーン火葬の人気は高まっており、将来的には最も一般的でエネルギー効率の高い火葬方法として普及することが期待されています。伝統的な火葬と同じくグリーン火葬は、火葬の遺骨を遺族の元に戻すことができます。これらの遺物は「骨の影」と呼ばれ、グリーン火葬の後にさらなる流れやプロセスを追加することもできますます。


ペットの火葬


Pets - Family Members
大切な家族の一員であるペット

犬、猫、鳥、ウサギ、ハムスター、爬虫類などの大切なペットが火葬されることもあります。ペットの火葬は多くの場合、動物病院にある動物の火葬専用の火葬炉で行われます。推定だと、世界のペット火葬市場は約30億ドルと言われています。



ただし、ペットの火葬業界はほとんど規制されていないため、複数の動物の同時火葬、偽装火葬や時には飼い主への偽の遺灰の返還などが行われることもあるようです。ペットの飼い主様には、信頼できるペット火葬プロバイダーを利用し、手元に戻る遺物が最愛のペットのものであることを保証することを強くお勧めします。



ペットの葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経てできた遺灰・遺骨もダイヤモンドに変えることができます。ダイヤモンドを作るためにに一定量以上の遺灰・遺骨が必要になりますが、ダイヤモンドを作るために火葬後の遺灰・遺骨に含まれる炭素を使用する基本的な流れ・プロセスは、ペットの遺灰でも人間の遺物でも同じです。

火葬スキャンダル

Tri - State Crematory Memorial Monument
現場レベルでは出棺直後ミスに気付いたが、隠蔽を続けていた

2014年と2015年で各1回ずつ、大阪市で葬儀業を手掛ける「燦(さん)ホールディングス」の子会社である「公益社」の「ステラ事業所」と呼ばれる施設で、遺体を取り違えるというミスがあり、そのまま火葬されるという事件が発生しました。この事件が明らかになった後に、その事実が隠ぺいされ、さらに2件のうち1件については別人の遺骨が遺族に渡っていたことが判明しました。

ステラ事業所は、身元不明の遺体や身寄りのない遺体に特化した葬祭施設で、大阪府内の警察署が所管する身元不明の遺体や、事件・事故に巻き込まれた可能性のある遺体、病院や介護施設などで亡くなった身寄りのない遺体を引き受けています。常時50〜60体、多い時には100体を超える遺体を預かっていたそうです。2016年に、約2カ月にわたる調査を経て、社長ら役員4人と、マネジャーら現場社員が処分されました。


結論


火葬プロセスは、人やペットの遺体を取り扱ための受け入れがより容易な葬儀の流れ・方法として世界で人気になってきています。よくある誤解は解かれつつあり、火葬と火葬の遺灰に関する選択肢についての、より正確な理解が世界中の文化に浸透しています。


さらに、文化と宗教の多様性を尊重することは、この最終決定を下すのは個人次第であるということを意味します。これは、葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経てできた遺灰の行き先についての決定も含みます。葬儀や火葬式の流れ・プロセスを経てできた遺灰をダイヤモンドに変えることは、世界中の人々にとって心のこもった供養方法として急速に広がりつつあります。





84 views0 comments

Recent Posts

See All

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page