top of page
  • Writer's picturelonite

カリフォルニア州でご利用いただける葬儀サービス

Updated: Jan 26




大切な人を亡くすことは、人生の中で本当に辛いことです。そのため、亡くなった後の手配をするような心境ではありません。そのような時に葬儀や埋葬の手配が複雑になることがあります。そこで、すべてを引き受けてくれる葬儀社に依頼するのがよいでしょう。カリフォルニアで利用できる葬儀サービスをチェックしてみましょう。


カリフォルニア州での葬儀に関する規則

アメリカの各州では、葬儀に関する法律が異なっています。葬儀を依頼する前に、カリフォルニア州の葬儀の規則を理解することが重要です。その規則の一部を紹介します。

8日以内に死亡証明書を申請することができます。地元のレジスターは、出生と死亡の登録場所です。死亡証明書を発行するまでは、埋葬でも火葬でも遺骨を合法的に処分することはできません。カリフォルニア州の法律では、死後、故人の遺体を自宅に保管しておくことができます。カリフォルニア州法により、遺体の準備など葬儀・埋葬の手続きをするために、葬儀屋を雇う必要はありません。


カリフォルニアの田舎では、自宅の周囲に土地があるため、自宅葬の許可を得やすいです。事前に申請しておくとよいでしょう。埋葬は、カリフォルニア州内の承認された墓地でのみ行うことができます。死亡証明書の取得は、亡くなった方の親族が責任をもって行う必要です。死亡証明書には故人生前の担当医師の署名も必要です。


パンデミック後の葬儀のルールでは、埋葬や火葬には2人しか立ち会わないことになっています。家族は別々の車で到着し、故人の墓が準備されるまでその中で待機する必要があります。従業員が離れた場所にいる場合は、家族は一人または2人組で故人のお墓に近づくことができます。墓前祭では、社会的距離を保ちながら、最大10名までしか参列できません。

故人の遺骨を自宅から最終処分場や墓地まで運ぶには、Permit for Disposition(処理許可証)が必要です。遺体処理許可証は、登記所の事務所で10ドルで簡単に入手することができます。遺体を火葬場または墓地に搬送する時、遺体を合法的に受け入れるためにこの書類を必要とします。


カリフォルニア州の規則では、遺体を冷蔵するか、防腐処理をしなければならないと規定されています。これは、最終処分が24時間以内に行われない場合です。自宅葬を行う家庭は、この規則から免除されます。遺体を飛行機や船などの一般輸送機関で輸送する場合は、コンテナにきちんと封入するか、防腐処理をします。

カリフォルニアの葬儀費用は?

一般的な葬儀費用は、7000ドルから12000ドルの間です。これは、基本的なコスト、棺、霊柩車、輸送、ビューイング、および埋葬でカウントされます。24時間以内に埋葬や火葬を行う必要があり、そうでなければ防腐処理や冷蔵は余分な費用がかかります。全米葬儀業者協会(NFDA)によると、過去5年間で平均価格から6.4%の上昇があったとのことです。

埋葬の平均費用

埋葬の場合、平均費用は約7200ドルである。費用には、棺、納骨室、搬送サービス、遺体の準備、式挙げるための人件料・施設の利用料、資料の印刷費などが含まれる。


火葬の平均費用

火葬をする費用は、骨壺の料金を含めて5000ドル前後かかります。高額の費用にもかかわらず、従来の葬儀よりも安価です。さらに、追悼サービスのオプションを無くせば、直接火葬を選ぶことができます。ここでは、1000ドル以下のオプションをたくさん見つける。これは、遺体は病院から火葬場に直接運ばれている場合です。

その他の葬儀費用


その他、葬儀に含まれるが上記に含まれない追加項目は以下の通り。


  • 埋葬墓地:私立か公営か、また都市によって異なりますが、埋葬墓地のコストは1000ドルから4000ドルです。伝統的に葬儀屋はそれらを葬儀サービスに入れないです。多くの人は、埋葬墓地を事前に予約することを好みます。

  • お墓の目印や墓石:シンプルな墓石は199ドル、彫像や記念碑は10000ドル以上になることもあります。ほとんどが特注品で、もっと高くなります。

  • お花:選ぶ花によって、棺の装飾やフラワーリースは別料金になり、さまざまです。


葬儀の種類


Families and Friends Are Gathered for a Funeral Ceremony
家族や友人が集まり、葬儀に参列しています。

故人の信仰によって、海葬、シナゴーグ、教会、モスクなど様々な葬儀が行われます。また、埋葬よりも火葬を希望する人もいます。また、葬儀の手配がつかない場合には、どのような葬儀を選択するか葬儀屋さんからアドバイスをもらえます。カリフォルニアで行われている葬儀の種類には、次のようなものがある:


「伝統的な」フルサービスの葬儀: これは、通常、すべての葬儀の種類の中で最も高価です。これは、典型的な葬儀のようにすべてが含まれています。これは、正式な葬儀、訪問、自宅から葬儀場へ遺体を移動するために霊柩車を使用しています。それは、火葬、埋葬、遺骨の埋葬が含まれています。


  • 遺体の防腐処理や会葬者のための斎場の貸し出し、遺族の移動のための車の使用などその他のサービスも含まれます。また、納骨堂や墓地の区画、その他の商品・サービスなどの費用は別途料金かかります。


  • 直埋葬:弔問客や正式な儀式はありません。ここでは、高価な棺ではなく、簡単な容器に遺体を埋葬します。この場合でも、墓前での葬儀を手配してもらうことができます。あるいは、後日、法要を行います。防腐処理もありません。ここで行われる通夜、参列、見学の用意もありません。これは、葬儀前後の行事を含む従来のフルサービス葬儀の追加費用を回避することが目的です。


  • 直火葬: プライベート重視の方は、直接火葬を希望されます。火葬の前に葬儀や訪問をすることはありません。葬儀を後日に延期することができます。火葬された遺骨は、愛する人の希望より保存することができます。

  • バーチャル葬儀:葬儀の様子をライブで配信し、FacebookやYouTubeなどのオンラインプラットフォームで親しい人たちが集まって弔問する方法です。これは、COVID-19の流行でさらに需要が高まりました。これは、葬儀に参加できない人たちのためのものです。


葬儀の賛美歌、朗読、大切な人からの弔辞など、伝統的な葬儀と同じようなものです。ほとんどの葬儀屋は、直接依頼を受けますが、オンラインで葬儀を計画できるアプリもたくさんあります。葬儀の行列、葬儀の花、故人の名前での慈善寄付をすることもできます。


まとめ


葬儀を手配することは、悲しむ家族に同情し、細心の注意を払う必要があり、責任のあることです。カリフォルニアで行われる葬儀の規則について、十分な知識を持っておくとよいでしょう。また、葬儀の予算は、家族が必要とする葬儀の種類に基づいて計画してください。葬儀の種類によって、費用も変わってきます。カリフォルニア州で提供される葬儀の主な種類を概説することで、あなたの選択に手助けになればとおもいます。

78 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page