メモリアルペンダント、メモリアルジュエリー−変わらぬ想いを、特別なカタチで

ダイヤモンド・ペンダントの歴史

ダイヤモンドは99%炭素でできており、すべての生命を構成する要素です。 ダイヤモンドは、数世紀に渡って地球の内側で高温高圧下に置かれたのちに形成されます。世界的に有名なダイヤモンドやそれにまつわる伝説の数々は、天然ダイヤモンドへの憧れやカリスマ性を高めています。かつてのオスマン帝国の君主であるスルタンや王族・貴族が所有したダイヤモンドが、今では世界中の博物館に展示されています。

ダイヤモンド はかつて、治癒効果があるものだと信じられていましたが、中世までには装飾品として評価されるようになりました。それ以来は、神秘的な癒しの力を持つアイテムとしてではなく、身につける人の優美さ、スタイル、ユニークさを反映するものとして重宝されています。デザイン、カット、色や形などのチョイスが豊富にあるため、あなたにぴったりの素敵なダイヤモンド・ペンダントを簡単に見つけることができます。

ダイヤモンド・ネックレスとダイヤモンド・ペンダントの違い

ネックレスは石器時代、今からおよそ4万年前に生まれました。ダイヤモンド・ネックレスにはさまざまなデザインがありますが、通常はカラーストーン(準宝石)を互いに結びつけてチェーン状にして作られています。ダイヤモンド・ネックレスは金など鉱物から作られることもあり、ユニークな模様を付けて加工されます。

一方ダイヤモンド・ペンダントは、輝くクリスタル、色とりどりの宝石や希少なダイヤモンドをはめ込んだ美しいロケット(首飾り)です。ダイヤモンド・ペンダントは、何世紀にもわたって人気のプレゼント・アクセサリーアイテムとして定番となっているので、宝石職人は創造力豊かで美しいダイヤモンド・ペンダントを世に出すために多くのダイヤモンド・ペンダントのデザインとパターンを作成します。

しかし、近年ダイヤモンド・ネックレスやダイヤモンド・ペンダントは本来の意味を失いつつあります。今 ではそれらの言葉を同じ意味のものとして用いることが一般的です。厳密には、正しくはありませんが一粒ダイヤモンド・ペンダントのことを「ネックレス」と呼んでいる場合もあります。宝飾品業界関係者や宝石職人はダイヤモンド・ネックレスやダイヤモンド・ペンダントの2つを区別し続けるかもしれませんが、それ以外の人にとっては違いが分からないでしょう。

ダイヤモンド・ペンダントやネックレスは貴重な贈り物ですが、中でもダイヤモンドの輝きを最も引き出すセッティングといわれている「ソリテールダイヤモンド・ペンダント」を贈られた人の喜びは大きいでしょう。このスタイルのダイヤモンド・ペンダントは、チェーン中央にダイヤモンドが1つあるシンプルなものですが、デザインやサイズが豊富でお好みのものを見つけることができます。ダイヤモンド・ペンダントやダイヤモンド・ネックレスは、多くの場合様々な思い出やその時の気持ちが詰まったアクセサリーです。ダイヤモンド・ペンダントやダイヤモンド・ネックレスは、写真や髪の毛のように、記念として残すにはぴったりです。

遺骨ダイヤモンド・ペンダントとメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントは、ペンダントという形で、旅立たれた大切な方との変わらぬ絆を持ち続ける供養方法です。遺骨ダイヤモンド・ペンダントとメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントは、いつどこにいても、大切な方の側で繋がりを感じることができます。

天然ダイヤモンド vs 遺骨ダイヤモンド・ペンダント

天然ダイヤモンドは、地質学的なプロセスを経て生成された宝石です。この独自の特徴のため、非常に高価になる場合があります。天然ダイヤモンドは自然が起こす奇跡の結晶とも言え、一つの形になるまでに何百万年もかかります。煌びやかに輝く美しいダイヤモンドは、ジュエリー業界を代表する宝石です。天然ダイヤモンドと違い メモリアル ダイヤモンドご遺髪や火葬後のご遺灰から作られますが、天然ダイヤモンド同様の輝きを持つ人工のダイヤモンドです。

また、大切な家族の一員である ペットの毛皮、毛、羽や火葬後の遺灰・遺骨 を使用してダイヤモンドを形成することもできます。最も貴重な天然ダイヤモンドは透明なものですが、ロニテ社(LONITÉ)の遺骨ダイヤモンドは、さまざまな成長条件によって形成される 青、黄、緑、赤 などの鮮やかな色が特徴の1つです 。

大切な方を失うことだけでも十分に辛いことですが、火葬・納骨が終われば一生触れることができないということは、本当に心が張り裂ける事実です。大切な方にお墓に入って欲しくないと思われるご遺族もいらっしゃるかもしれません。何らかの方法で大切な故人といつまでも繋がっていられる方法をお探しなら、遺骨ダイヤモンドがその願いを叶えることができます。遺灰から作られたダイヤモンドは、あなたと大切な方が永遠に一緒にいられるようにする方法とも言えます。遺灰で作られるロニテ社(LONITÉ)のダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同様の物理的、化学的、光学的な性質を備えた本物のダイヤモンドですが、大切な方の火葬後の遺骨にある炭素や遺髪から作られます。

ダイヤモンド・ペンダントに取り付けられた遺骨ダイヤモンドは、遺骨ダイヤモンド・ペンダント、またはより簡潔にメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントと呼ばれています。火葬後の遺骨からダイヤモンドを作成して遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスにすることで、亡くなった大切な方との絆をいつまでも繋いでおくことができます。ここで注意して欲しいのが、遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスは、遺灰の入ったネックレスとは大きく違います。

遺骨ダイヤモンド・ペンダント vs 遺骨・遺灰ペンダント

遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスと遺骨・遺灰ネックレスは別物と捉えてください。遺骨・遺灰ネックレスは、火葬された遺骨を保存するために作られたメモリアルジュエリーを指すことがあります。宝石職人は、遺骨・遺灰を保存することができる安価なケースをデザインして遺骨・遺灰ネックレスを作ります。こういったタイプの遺骨・遺灰ネックレスは、大切な方の火葬後の遺骨から生成されたダイヤモンドのついたメモリアルジュエリーやメモリアルペンダント、遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスとは全く異なるものです。遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスはスイスで製作されていますが、東京からでも手に入れることができます。

遺骨ダイヤモンドを生成し、それをメモリアルジュエリーやメモリアルペンダント、遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスにすることは、遺灰ペンダントに新しい意味を与えます。遺骨ダイヤモンドを作る技術は高度なためスイスで製作していますが、東京からでも遺骨ダイヤモンド・ネックレスを手に入れることができます。遺骨で作ったダイヤモンドが永遠に輝きを見せる遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスは、遺骨・遺灰ネックレスとは違うものです。遺骨ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスは、愛する人とのつながりを持ち続けるための新しく、美しい供養方法です。遺骨ダイヤモンドで作られたネックレスを東京で身に付けませんか?

ソリテールダイヤモンド・ペンダント

遺骨ダイヤモンドシリーズ:メモリアルペンダント・ジュエリー

ダイヤモンド・ペンダントのデザイン

歴史的に、ダイヤモンド・ペンダントは女性だけが身に纏うことができる宝石でした。男性は、ダイヤモンド・ペンダントを宗教的・感情的なシンボルとして身につけていますが、ソリテールダイヤモンド・ペンダントは、ダイヤモンド・ペンダントの中でも一番印象的で人の目を引くダイヤモンド・ペンダントです。ソリテールダイヤモンド・ペンダントをフォーマルな場面で注目を浴びるために着用することも、ソリテールダイヤモンド・ペンダントをシンプルに普段から身につけることもできます。

ソリテールダイヤモンド・ペンダント

ソリテールダイヤモンド・ペンダン トはあらゆるファッションスタイルにマッチし、TPOを問わず身につけることができます。その美しさとシンプルさから、ソリテールダイヤモンド・ペンダントは世界中で愛されています。ソリテールダイヤモンド・ペンダントは女性も男性も着用することができ、その普遍性から時代遅れになることが全くありません。ソリテールダイヤモンド・ペンダントはチェーンとその中央にある一粒のダイヤモンドからなりますが、ソリテールダイヤモンド・ペンダントのデザインの幅が狭くなることはありません。ソリテールダイヤモンド・ペンダントのシンプルさと汎用性から、ロニテ社(LONITÉ)ではソリテールダイヤモンド・ペンダントをメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントのデザインの選択肢としておすすめしています。ソリテールダイヤモンド・ペンダントのデザイン工程には、3つの基本設定があります。

ソリテールダイヤモンド・ペンダント
プロング設定

1. プロング設定: この設定は、ダイヤモンドに入る光の量を最大化します。3つ以上のプロングから作成可能で、プロングの数を少なくすると、より多くの光を通すことができます。プロングがすり減り、遺灰ダイヤモンドが失われることを避けるために、このメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントの設定については定期的に検査を行う必要があります。しかし、遺灰ダイヤモンドが固定されたネックレスは、愛する故人の方への敬意を示す素敵な供養オプションでしょう。

プロング設定
ベゼル設定

2. ベゼル設定: ベゼル設定により、フレームの安全性が保たれ、ダイヤモンドの外観が大きくなります。ベゼルが設定された遺骨ジュエリーペンダントには、安全性と優雅さを兼ね備えた見事なデザインが施されています。

テンション設定

3. テンション設定: オリジナリティ溢れた遺灰ペンダントの遺灰ダイヤモンドの美しさをさらに際立たせるために用いられる、現代的なオプションです。このタイプのメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントは、遺灰ダイヤモンドを目立たせることと、それを安全に保つことのバランスが良く取れているため、非常に人気があります。このタイプのデザインは遺骨 ダイヤモンドを収めるために遺灰ペンダントでよく使用されます。

テンション設定
チェーン上でしなやかに滑るダイヤモンド・ペンダント

スライドベールデザイン

ソリテールダイヤモンド・ペンダントはスライドベールのデザインのものが大半です。 ソリテールダイヤモンド・ペンダントのデザインのわずかな違いが最終的な外観が大きく変化させ、世界にただ1つのメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントを作り出します。このスタイルのメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントの人気が高いのはこのためです。

チェーン上でしなやかに滑るダイヤモンド・ペンダント
ダイヤモンドクラスターペンダント

ダイヤモンドクラスター・ペンダント

ダイヤモンドクラスター・ペンダントは、ダイヤモンドクラスターと呼ばれる遺灰ネックレスの遺灰ダイヤモンドの周りに取り付けることができる複数の小さな宝石が施された、ダイヤモンド・ペンダントです。ダイヤモンドクラスター・ペンダントのスタイルには、洋ナシ、円形、または楕円形のダイヤモンドソリテールがあります。ダイヤモンドクラスター・ペンダントは、星、花、雪片などの美しい幾何学模様のものの中からお選びいただけます。遺灰ダイヤモンドのついたダイヤモンドクラスター・ペンダントは、さまざまなスタイルにマッチします。ほとんどのダイヤモンドクラスター・ペンダントはプロングスタイルですが、見た目の美しいベゼルやチャンネルセットの宝石を合わせてダイヤモンドクラスター・ペンダントを使うこともできます。

3点ダイヤモンド・ペンダント

通常、3点ダイヤモンド・ペンダントの3点ダイヤモンドは垂直に並びますが、3点ダイヤモンド・ペンダントの宝石の列を横並びにすることもできます。この3点ダイヤモンド・ペンダントのスタイリッシュな変更をする場合、シックなチャンネル設定や美しい宝石細工でダイヤモンド3点のバランスを取ります。3点ダイヤモンド・ペンダントは、亡くなられた方が歩んだ人生の道を表現するために、段階的なサイズのダイヤモンドで曲線の列をデザインすることもあります。3点ダイヤモンド・ペンダントタイプの遺灰ネックレスは、遺灰ダイヤモンドに刻まれる大切な方の人生の物語を伝えることができます。

3つのダイヤモンドからなるペンダントは、未来・現在・過去を表します。
キリスト教徒の方のための、十字架ペンダント

信仰

宗教に関わるダイヤモンドの信仰ペンダントはいつの時代も人気です。ダイヤモンドの信仰ペンダントは、何世紀もの間個人の信念を示す上で重要な役割を果たしてきました。精神的意味を持つメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントのデザインは、大切な方が生前お持ちになられた信仰を、旅立たれた後も強く支えることができます。宗教的なシンボルを取り入れた遺灰ネックレスは、故人の精神面を反映します。

キリスト教徒の方のための、十字架ペンダント
ダイヤモンドの鍵

ダイヤモンドのキーペンダントもとてもおしゃれなオプションです。ダイヤモンドで覆われたキーペンダントは、あらゆる年代の方々に人気のあるモダンなメモリアルジュエリーです。ダイヤモンドのキーペンダントで、大切な方が生前に扉を開け、見てこられた世界を映し出します。複数の小さな鍵できたメモリアルジュエリーやメモリアルペンダントは、人気の遺灰ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスの選択です。

ダイヤモンドハート・       ダイヤモンドスター

ハート、花、星、その他のテーマ

ハートジュエリーは愛を表現するもののため、あらゆる場面で着こなすことができます。ハート、星、花をモチーフにした遺灰ダイヤモンドを組み込んだ遺灰のネックレスは、故人への愛を表現します。これらのデザインは時代を超えて愛されるもので、メモリアルジュエリーやメモリアルペンダントとして最適です。

ダイヤモンドハート・       ダイヤモンドスター
愛の言葉をメモリアルダイヤモンド・ペンダントに刻みましょう

メモリアルダイヤモンド・ペンダントのカスタマイズ方法

値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントは、愛する人と永遠に繋がりを持てることで人気が高まっています。シンプルな遺灰ネックレス以上のものとして、値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ネックレスにオリジナルで特別な思い入れを加える個別のメッセージを値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントに美しく刻むことができます。

誓いの言葉

素敵な値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントに、お名前、好きな言葉や信条が刻まれていることを考えてみてください。文字は留め金の端にある小さなハート型または楕円形の装飾に入れることができます。また、値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントのグリドルにレーザー刻印することも、値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントのメモリアルダイヤモンドに遺族の方のお気持ちを添える一般的な方法となっています。

パーソナライズされた値段以上に価値のあるメモリアルダイヤモンド・ペンダントは、一生持ち歩くことができる宝物です。

誓いの言葉
ロロチェーン

金属チェーンの種類

ロロチェーン

このタイプのチェーンは、互いに組み合わさった丸いリンクでできているものです。ロロチェーンは耐久性があり、さまざまなデザインとサイズからお選びいただけます。

ロロチェーン
ロープチェーン

ロープチェーン

ロープチェーンは、楕円形のリンクでつながっているもので、螺旋が織りなすロープのような外観が特徴です。ロープチェーンは 最も耐久性のあるチェーンの1つで、普段使いに最適なため男性の方がよく着用されます。

ロープチェーン

ケーブルチェーン

ケーブルチェーンは別名リンクチェーンとも呼ばれ、同じサイズの楕円形または円形のリンクで構成されています。チャームやペンダントをつけるシンプルなネックレスとしておしゃれで人気のある選択肢で、遺骨ペンダントを取り付けるジュエリーチェーンとして最も一般的なタイプの1つです。

ケーブルチェーン
ベネチアンリンクチェーン

ベネチアンリンクチェーン

ベネチア風リンクチェーンは、平らな正方形のリンクで構成されるボックスチェーンによく似たデザインです。

ウィートチェーン

ウィートチェーン

ウィートチェーンは通常、弧を描くねじれた4本の撚り糸を編み込むようにして作られています。このチェーンは見た目が美しく、人気が高いのが特徴です。

貴重な宝石について>
ウィートチェーン
チェーンの長さ

ダイヤモンド・ペンダントの正しい長さの選び方

チョーカー

チョーカーは定番で汎用性が高く、長さは35〜41cmです。どんな洋服の襟にもマッチするため、カジュアルからフォーマルなイブニングウェアまで人気のあるジュエリーアイテムです。チョーカーの遺骨ダイヤモンド・ネックレスは長さの使い勝手が良く、メモリアルジュエリーやメモリアルペンダントを頻繁に身につけることができます。

プリンセスネックレス

世にあるほとんどすべてのネックレスの長さは43〜49cmで、プリンセスネックレスがこれに該当します。ハイネックやラウンドネックの洋服によく似合い、この長さの遺灰ペンダントも非常に人気のあるチョイスとなっています。

オペラネックレス

場合によりますが、オペラの長さは66〜91cmで、短めのダイヤモンド・ネックレスと組み合わせてゆったりと着用できます。また、2連にして巻くことで、シックな2重チョーカーにすることも可能です。襟元より上で結べば、最近のトレンドとなっているクラシックヴィンテージ風にもアレンジできます。

マチネネックレス

マチネネックレスの長さは50〜61cmで、チョーカーの約2倍です。

ロープネックレス

93cm以上という贅沢な長さを持つロープネックレスは縦のラインがエレガントで、留め金がいくつか付いています。これによって、遺骨ジュエリーペンダントをさまざまなスタイルにアレンジすることも可能です。2連、3連のチョーカーにしたり、下の方で軽く結んだりとバリエーションをお楽しみいただけます。

チェーンの長さ

メモリアルダイヤモンド・ペンダントのお手入れ

メモリアルダイヤモンド・ペンダントは日常的に身につけられるようにデザインされていますが、摩耗によって次第に本来の輝きを失うこともあります。宝石のお手入れ次第でメモリアルダイヤモンド・ペンダントを綺麗に保つことができ、それが愛する方のご遺骨でできたメモリアルダイヤモンドが納められたメモリアルジュエリーやメモリアルダイヤモンド・ペンダントであるなら、一層の大切にするでしょう。 ロニテ社(LONITÉ) では メモリアルダイヤモンド・ペンダント、ネックレスを保護するために以下の方法を提案しています。

どんなメモリアルダイヤモンド・ペンダント、ネックレスでも、その輝きを保つために基本のお手入れは必須です。
  • エクササイズ・筋トレなどの激しい運動中は遺骨ダイヤモンド・ネックレスの着用をお控えください。
  • 家庭用洗剤などに含まれる強い化学物質への接触はお避けください。ヘアケア製品に強い物質が含まれている場合も、遺骨ダイヤモンド・ペンダントを変色させる可能性がありますのでご注意ください。
  • 水泳中は、すべてのメモリアルジュエリーとペンダントをお取り外してください。水中の塩素は合金を劣化させます。

ダイヤモンド・ペンダント、ネックレスを安全に保つために、適切なジュエリー収納ボックスを使用してください。硬いダイヤモンドは(他のダイヤモンドを含む)ほとんどすべてのものに傷を付けるので、メモリアルダイヤモンド・ペンダント、ネックレスを柔らかい布で包んだ後、柔らかい箱に別々に保管してください。

パティアラのダイヤモンド・ネックレスとマハラジャ

世界の有名なダイヤモンド・ペンダントとネックレス

パティアラのネックレス

パティアラのダイヤモンド・ネックレス は、パティアラのマハラジャ、ブピンダー・シンが注文した後に大変有名になりました。1928年にカルティエ家が細心の注意を払って作ったダイヤモンド・ネックレスであるこの傑作は、5列のダイヤモンドで覆われた見事なプラチナチェーンを織りなし、約962.25カラットのダイヤモンド2,930個でできていました。

中心部には、ダイヤモンド・ペンダントの上に象徴的なデビアスと7つの大きなダイヤモンドが連なります。デビアスは18カラットの重さのタバコ色のダイヤモンドで、29.58カラットのルビーが2つ含まれていました。

2,500万ドルのこのダイヤモンド・ネックレスは、1940年代にパティアラ王室の宝庫から忽然と姿を消しました。マハラジャの息子、マハラジャ・ヤダビンドラ・シンは、パラティアのダイヤモンド・ネックレスを身につけた最後の王でした。1998年、カルティエの代表であるエリック・ナスバウムは、ロンドンのアンティークショップでダイヤモンド・ネックレスの残骸の一部を見つけましたが、デビアスと周囲のダイヤモンドを含むすべての大きな宝石はなくなっていました。

パティアラのダイヤモンド・ネックレスとマハラジャ

インコンパラブル・イエローダイヤモンド・ネックレス


インコンパラブル・イエローダイヤモンド・ネックレス

このダイヤモンド・ネックレスは 2013年にMouawadが手がけたものです。ギネスはこのダイヤモンド・ネックレスを「世界で最も高価なネックレス」と命名しました。 その推定価値は5500万ドルです。ステップカットを施したダイヤモンドは、米国宝石学会において最大のフローレスダイヤモンドと格付け米国宝石学会において最大のフローレスダイヤモンドと格付けされています。ダイヤモンド・ネックレスには洋ナシ形からアッシャーカットまで、50種類以上のダイヤモンドが散りばめられています。



璧洋のハート

「璧洋のハート」ダイヤモンド・ネックレス

1997年、 映画「タイタニック」で ケイト・ウィンスレットが付けていた大粒のダイヤモンドが施されたネックレスを覚えている方も多いでしょう。このレプリカのダイヤモンド・ネックレスのオリジナルとなるものが、ハリー・ウィンストンによって作成された壁洋のハートです。このダイヤモンド・ネックレスは 15カラットの見事なブルーダイヤモンドでできており、そのために超高額の値段がついています。余談となりますが、映画で着用されているレプリカのダイヤモンド・ネックレスの価値はたった1万ドルです。

璧洋のハート

ブリオレットカットのダイヤモンド・ネックレス

当初のブリオレットカットのダイヤモンド・ネックレスの販売価格は850万〜1250万ドルで、このダイヤモンド・ペンダント、ネックレスは75.36カラットの内部がフローレスになっているブリオレットタイプIIaダイヤモンドでできています。ウィリアム・ゴールドバーグはネックレスの芸術性を支えた名工で、160.5カラットのダイヤモンドをカットするために6ヶ月の時間を捧げ、ダイヤモンドを見事な涙形のカットの世界最大かつ最も美しいブリオレットに仕上げました。

見事なブリオレットカットのダイヤモンド・ネックレス