top of page
  • Writer's picturelonite

永代供養と手元供養の比較



少子高齢化や若い世代が都市部に移り住むことにより、お墓の継承や維持が難しくなってきています。そのため、後継ぎ不足で墓じまいや無縁墓といったことが起きているのです。


そこで注目されているのが、合祀墓や合同墓などに納骨する永代供養や遺骨を納めた骨壷を仏壇に置いて弔う自宅供養、メモリアルダイヤモンドなどの手元供養です。この記事では、永代供養と自宅供養、手元供養について多角的にみていきます。



永代供養と自宅供養/手元供養どちらがいいの?


まずは、費用などを含め永代供養と自宅供養・手元供養のメリットとデメリットをまとめました。



永代供養のメリット&デメリット


永代供養とは、長い年月(永代)に渡り、遺族に代わって寺院や霊園が供養してくれることです。


お墓を引き継ぐ人がいない。高齢でお墓を維持したり、お墓参りに行くことができないので墓じまいしてしまった。墓地購入費用を捻出するのが難しいなどの理由で永代供養を選ぶ方が多数います。


では、永代供養のメリットを見ていきましょう。


  • 供養や管理をしなくていい 永代供養は寺院や霊園が供養や管理をしてくれます。そのため、永代供養であれば、継承者がいないために無縁墓になったり、遠方のためお墓参りできないなどの心配がありません。

  • 家族の負担が軽減する 永代供養であれば、定期的な供養やお掃除などを寺院や霊園がしてくれるため、家族の負担が軽減されます。ただし、すべての永代供養が同じではないので、前もって確認することをおすすめします。 昨今では、お墓の維持による手間をかけたくないという人も多く、後継ぎがいても永代供養を選ぶ人が増加中。そのため、墓じまいなどの物理的な理由だけでなく、こうした精神面で永代供養が好まれる傾向があります。

  • 費用が安い 一般的なお墓より費用が抑えられる点も永代供養の大きなメリットです。基本的に永代供養は、遺骨を納骨堂などに納めて一定期間、供養します。それが終了すると骨壷から遺骨を取り出し、他の遺骨と一緒に祀る合祀墓に入れることがほとんどです。最初から合同墓に納骨されることもあります。 そのため、個別にお墓を購入する費用に比べると、永代供養の料金は安価です。ただし、永代供養であっても合同墓に入らず個別のお墓を建てる場合の料金は除きます。 永代供養の料金は納骨前に一括で支払うのが一般的ですが、年間の管理料や納骨堂の使用料などが別料金としてかかる場合もあるので、事前にご確認することをおすすめします。

  • 宗派・宗祖を問わない 多くの永代供養では、宗教・宗派が関係ありません。施設によっては、無宗教でも、キリスト教や神道でも受け入れて永代供養してくれます。また、檀家になる必要がないところも数多く、こうした制限の少なさが永代供養の特徴です。

  • 生前契約ができる 永代供養では、生前に契約が可能なところが多数あります。さまざまな永代供養の施設を見て、永代供養の料金や条件などを知って死後の場所を決定できるので、余生を安心して過ごすことができます。




続いて、永代供養のデメリットを見てみましょう。


  • 遺骨の引き取りが難しい 永代供養は永遠ではなく、33回忌までなど期間が決まっています。ただし、寺院や霊園によっては17回忌又は50回忌と異なりますので、最初の契約時に確認しましょう。最初から合同墓ではなく、個別に納骨堂などに納めている場合は、永代供養期間が終了すると合祀墓に移されます。そうなると、個人の遺骨だけを引き取ることはできません。

  • 家族に理解してもらえない 日本では、家ごとにお墓を持つことが一般的。そのため、永代供養は従来とは違う供養方法であるため、家族や親族の理解が得にくいことがあります。

  • 従来のようなお墓参りはできない 永代供養でもお墓参りは可能です。しかし、遺骨は納骨堂や合祀墓などに納められているため、お墓の掃除やお供え、お線香を立てて手を合わせるお墓参りはできません。 ただし、個別のお墓を持てる永代供養であれば、お墓参りは可能です。永代供養の施設をチェックしてみましょう。



自宅供養・手元供養のメリット&デメリット


自宅供養とは、遺骨の全部を仏壇などに安置し供養すること。手元供養は、遺骨の一部を自宅供養同様にすることです。


埋葬に関する法律はありますが、遺骨を自宅で保管し、自宅供養や手元供養することに関する法律はありません。

自宅供養も手元供養も、お墓の継承者がいない、墓じまいした、墓参りに行くことができない、マンション暮らしで仏壇が持てないといったことから生まれました。




それでは、自宅供養・手元供養のメリットをみていきましょう。


  • 故人を身近に感じることができる 遺骨が家の中にあるため、故人がすぐ傍にいるような気持ち、故人に守られている感覚になるでしょう。また、遺骨から作るメモリアルダイヤモンドなら、まるで故人がそこで輝いているかのような気分になります。

  • 料金が安い 仏壇を購入せずに、遺骨を納めた骨壷で自宅供養するなら料金はかなり抑えられます。手元供養であれば小さな骨壷となるため、費用がさらに抑えられます。また、メモリアルダイヤモンドやメモリアルジュエリーといったアイテムで手元供養する場合でも、暮石や墓地購入に比べたら費用の負担は少ないこともあります。

  • コンパクトスペースで供養できる 特に手元供養は一部ですから、ミニ骨壷などやメモリアルダイヤモンド、メモリアルジュエリーなどコンパクトな形にして供養できます。 そのため、部屋数の少ないマンションやアパートなどでも問題なく手元供養ができ、部屋やインテリアとも調和します。特にメモリアルジュエリーは身につけて供養するため、メモリアルジュエリーを外したときの特別な置き場があればいいでしょう。 次に、自宅供養・手元供養のデメリットです。

  • 家族に理解を得にくい 自宅供養や手元供養は新しい供養スタイルのため、自宅供養や手元供養を受け入れがたいと感じる人も多いものです。ですから、自宅供養や手元供養について、生前に家族と話し合っておくといいでしょう。

  • もしものときに困る 自宅供養も手元供養も、供養できなくなった時の対応方法を考えておく必要があります。遺骨の埋葬には法律があるため、放置したり処分したりできません。万が一の時のことを考えて起きましょう。 ちなみに、メモリアルダイヤモンドは遺骨そのものではありませんが、本人の遺骨から製作されたものであるため、同様に考えておくといいですね。



今注目の手元供養のご紹介




遺骨プレート


故人のご遺骨から作るプレートで、焼骨成分を7割ほど含んでいます。プレート表面に故人名を刻めば、特別な存在として安置でき、遺骨をイメージさせないのでインテリアとも調和します。サイズによりますが、料金は150,000円からなので、費用面では優しいでしょう。



ミニ仏壇


ミニ仏壇は、大きな仏壇ではなく、部屋の片隅におけるような小さな仏壇です。しかも、一瞬仏壇と思えないような形や色味、ユニーク形状のものがあり、インテリアと化してしまうこともあります。ミニ仏壇の料金は数万円からと手が出しやすい価格です。



メモリアルダイヤモンド


メモリアルダイヤモンドとは、遺骨から抽出した炭素を天然のダイヤモンドと同じ条件を再現した装置で生成したもの。


そのため、メモリアルダイヤモンドの輝きや強度などは天然そのものですが、唯一の違いは、メモリアルダイヤモンドは遺骨から製作されている点です。


ですから、サイズもカラーも唯一のもの。まさに、個人の個性が表現された特別なメモリアルダイヤモンドとなります。そのため、世界でたった一つの特別なメモリアルダイヤモンドとして人気を博しています。



メモリアルジュエリー


LONITÉ™では、製作されたメモリアルダイヤモンドを美しいメモリアルジュエリーに加工できます。


メモリアルジュエリーにはネックレスとリング、ピアスが揃い、個人の個性を生かしたメモリアルジュエリーデザインは、40種類以上。


メモリアルジュエリーを身につけることで、いつでも故人と一緒にいるような安心感に包まれます。メモリアルジュエリーは、ダイヤモンド葬の中で生まれたメモリアルダイヤモンドを加工しているため、葬儀と供養が一体型になったユニークなスタイルの手元供養です。



永代供養と手元供養の組み合わせも可能

永代供養と手元供養は相性がいい供養方法です。そのため、永代供養と手元供養を組み合わせている方が増えています。


理由は、手元供養は遺骨の一部を残すので、残りの遺骨の納骨先として永代供養墓が選ばれているからです。また、永代供養に納骨して合同墓や合祀墓に入っても、手元供養ができれば身近でお墓参りができるからです。


墓じまいやお墓の継承者がいない家族にとっても、永代供養と手元供養の組み合わせで、故人を特別な存在として供養できます。



まとめ


寺院や霊園が遺族に代わって供養する永代供養や、遺骨を骨壷に入れて自宅で保管する手元供養は、少子高齢化などの社会現象から生まれた墓じまい、後継ぎ不在問題を解決します。


手元供養は、遺骨をミニ骨壷に入れて安置することや、遺骨の一部で生成したメモリアルダイヤモンドを自宅に安置したり、メモリアルダイヤモンドで作ったメモリアルジュエリーを身につけることまで含まれます。いつでも故人と一緒に過ごせるのが手元供養の素晴らしさ。残りの遺骨は永代供養で供養しましょう。

1 view0 comments

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page