遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪−不朽の愛

古代の指輪

指輪とメモリアルダイヤモンドリングの概要

指輪 は、最も人気のあるジュエリーと言っても間違いありません。指輪を交換する伝統は6,000年以上前にも遡り、伝統が時代を超えて受け継がれることの確かな証明となっています。火葬後の遺灰・遺骨をダイヤモンドリング/指輪に変えること は、大切な方への想いをダイヤモンドとして心に持ち続けるために指輪をつける、この伝統に基づいています。

古代の指輪
現代のダイヤモンドリング/指輪

今日、ダイヤモンドリング/指輪は、人の生涯を通じて最も高価で最も大切なジュエリーの買い物になることが多いでしょう。あなたにぴったりの遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪を見つけるお手伝いをするため、ロニテ(LONITÉ)は入念な注意を払っています。以下に、愛する人の大切な思い出を残すメモリアルダイヤモンドリングを選ぶために役立つ情報を収集しました。

思い出を蘇らせる−時代を超えたジュエリーリングの考察

世界史を覗いてみると、貝殻、石、さらには骨から作られた指輪が、先史時代では長い間広く親しまれていたことがわかります。古代人にとって、指輪は愛と力を象徴し、貴重で、霊的、魔法的なものでした。金属と宝石(特に金とダイヤモンド)についての知識は、我々の先祖にとって精神的・社会的地位の上昇のために不可欠な部分を担っていました。

指輪は非常に人気があり、そのスタイルには明確に表現されている特定のルールが存在しました。シンプルな刻印と青銅のリング/指輪は、右手左手関係なく着用できますが、宝石やダイヤモンドがちりばめられたリング/指輪は必ず左手用となっていたことなどです。

指輪は、現在においても、愛、健康、力、保護、地位の象徴である普遍的な形の装飾品です。人はこういった宝物を作成する技術を習得するために、多大な努力をしてきました。そして、最も精巧で複雑な装飾品を作るための洗練された技術が開発・発展を続け、共有されるようになりました。

宝石とダイヤモンドリング/指輪の起源

ダイヤモンドはインドで最初に発見されましたが、すぐに西ヨーロッパを旅した商人の集団によって広められました。実際、華麗なダイヤモンドのリング/指輪のデザインを普及させたのはビクトリア朝の人々であると多くの人が信じています。

18世紀の初めには、かつてない規模でダイヤモンドの取引が行われていました。美しくカットされたダイヤモンドは他に類を見ない輝きを放ち、ジュエリーデザインで最も注目を集めていました。宝石商は、ダイヤモンドや他の宝石にアンティークでモダンなデザインを融合させ、非常に美しい、ファッショナブルなモチーフを作りました。

長年にわたり、リングデザインの第一線は絶えず進化を遂げてきました。前衛的な宝石商は、美しさと使いやすさの両方を取り入れたデザインを模索することで、慣習を破り続けています。

今日人気となっているのはラウンドカットで、宝石を上下半分に分ける58のファセットで構成されています。その他にもプリンセスカット、エメラルドカット、オーバルカットなど、幅広い選択肢から個々人のスタイルを輝かせるデザインを見つけることができます。これらはいずれも、愛する人の遺灰から精製されるメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリングをデザインするときに選ぶことができ、東京をはじめとする日本では関心が高まっています。亡くなったペットや故人の遺灰・遺骨から作られた指輪/リングは、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪や遺灰・遺骨ジュエリーリング/指輪と呼ばれます。

火葬ダイヤモンドリング

遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪の起源

遺骨ダイヤモンドは、2000年代初頭からようやく浸透しはじめました。本物のダイヤモンドが永遠を象徴するように、遺骨ダイヤモンドは、愛する人の火葬後の遺灰・遺骨を遺族の方が永遠に守り続けることを可能にします。ピュアで、貴重で、大切なダイヤモンドと、遠く、ないがしろにされ、雑草の茂るお墓との対比を考えると、旅立たれた愛する方と親密だったご遺族が、故人の方をすぐ側に感じ続ける方法として遺灰・遺骨でできた 遺骨ダイヤモンド のリング/指輪を選ぶのも不思議ではありません。

火葬ダイヤモンドリング
一般的な遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪

メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング−指輪業界の期待の星

婚約指輪と結婚指輪は東京をはじめとする日本の指輪業界でも一番大きな存在ですが、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪もこの2つにそれほど引けを取っていません。火葬後の遺灰・遺骨から作られたリングは、徐々に人気が出てきています。あらゆる世代の人々が、永遠の愛を綴る特別な方法として遺灰をリングに変えることを考え始めています。本質的に考えて、亡くなった方と繋がりを大切にする方法は、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪にその方の一部を保存することが最良であると言えるでしょう。

天然ダイヤモンドと遺骨ダイヤモンドのわずかな違い

天然ダイヤモンドのほとんどは地球のマントルの奥深くで形成されます。一方、遺骨ダイヤモンドは研究室で精製されますが、本物の、認定されたダイヤモンドです。遺骨ダイヤモンドは天然のブルーダイヤモンドの外観に似ていますが、ピュアリーカラーレス(Purely Colorless™)など他の色もあります。

ダイヤモンドは99.9%の炭素であり、人体は18%炭素でできています。 遺骨ダイヤモンドは、焼却炉の遺灰・遺骨から炭素を分離することによって作成されます。 遺骨ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じ物理的・化学的特性を備えていますが、大切な方のご遺灰とご遺髪から精製した炭素を使用して、天然ダイヤモンドができる環境をシミュレートすることで作成されます。

ゴツゴツとした天然ダイヤモンドvs合成ダイヤモンド

しかし、遺骨ダイヤモンドが人工であるという事実を考えると、ダイヤモンドを作る遺灰は天然のダイヤモンドを構成するものと同じとは言えず、また比較的安価になっています。宝石学的スクリーニングをすれば、天然ダイヤモンドと遺骨ダイヤモンドの区別が可能です。

婚約リング/指輪とメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪のデザインの違い

東京をはじめとする日本では、婚約リング/指輪は通常、複数の宝石もしくはダイヤモンドが施されるなどして、より精巧で多面的な設計がされています。大切な方のご遺灰から作られるメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪のデザインは、一般に、よりミニマルでシンプルです。メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪のデザインは、中心の宝石を強調します。火葬灰から作られた遺灰・遺骨ダイヤモンドのリング/指輪は、亡くなった愛する人を象るメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪であるため、自然な発想と言えます。

輝くダイヤモンド

遺灰・遺骨ダイヤモンドシリーズ−メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪

遺骨ダイヤモンドの適切なセッティングを選ぶ方法

遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪は、純粋さや永遠、そして故人の方への愛を反映しています。このことが、遺骨ダイヤモンドがこれほど人気になった理由です。火葬後の遺灰・遺骨から作られた指輪/リングは、亡くなられた大切な方の肉体の遺物であり、旅立たれてからもずっと、その方に触れていることができます。遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪は亡くなった方の個性・精神を反映したものであり、その方と遺族の方が長きにわたるつながりを維持するのに役立ちます。

輝くダイヤモンド
複数の石からなるダイヤモンド

デザインを選択する

遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪にはさまざまなデザインがあります。プロング、ベゼル、テンションなど、遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪のシンプルなセッティングをして磨耗を防ぐことをお勧めしますが、ペイブやハローなどのセッティングは、ダイヤモンドをよりまばゆいものにします。実際、遺灰から作られる遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪は、故人の人生を反映し、大切な方とあなたの関係を讃えるように設計できます。

プロングセッティング

プロングとソリテールセッティング

これらは、時代を超えて最もクラシックで一般的なリングセッティングであるため、一番人気のものです。プロングは、遺骨ダイヤモンドをしっかりとつかむために使用される小さな金属の爪のことです。典型的なプロングセッティングでは、4〜6箇所にプロングが使用されます。このデザインは金属の存在感を最小限に抑えながら、光が遺骨ダイヤモンドの輝きを映し出すことを可能にします。

プロングセッティング
ティファニーのクラッシックな6プロングセッティング

1886年、ティファニーは歴史に名を残す素晴らしいプロングセッティングを作成しました。ティファニーセッティング は、ダイヤモンドへの光の反射を最大限に表現することができる6プロングのソリテールセッティングです。このデザインはすぐに人気を博し、有名な特許を取得しました。使用される特定のプロングとナイフエッジシャフトの効果で、このセッティングは際立っています。現在では多くのバージョンが提供されているかもしれませんが、オリジナルの完成度と入り組んだデザインを超えるものはありません。

ベゼルセッティング

ベゼルセッティング

ベゼルセッティングは、2番目に人気のあるリングセッティングです。モダンでシックなそのデザインは、薄い金属の縁でダイヤモンドを取り囲んでいます。完全なベゼルがダイヤモンド全体を取り囲んでいる一方で、部分的なベゼルはダイヤモンドの側面を露出させます。このシンプルで効果的なデザインは、大切なダイヤモンドを所定の位置にしっかりと保持しながらも、遺骨ダイヤモンドをまばゆく輝かせます。

ベゼルセッティング
テンションセッティング

テンションセッティング

フローティングセッティングやサスペンデッドセッティングとも呼ばれるテンションセッティングでは、張力を利用して遺骨ダイヤモンドを留めることで、あたかもダイヤモンドがリング/指輪の上に浮いているように見せることができます。根本から異なるユニークなデザインとして知られるこのセッティングは、遺骨ダイヤモンドの色と輝きを強調します。テンションセッティングを使いた火葬灰から作られたダイヤモンドのリング/指輪は、一般的なリング/指輪から一線を画すものです。

ペイブセッティング

ペイブセッティング

ペイブセッティングでは、通りを舗装するレンガのように、小さなダイヤモンドがそれぞれの間の金属露出を最小限に抑えながら一緒にリング/指輪に取り付けられます。このセッティングのメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪は、1つの大きなダイヤモンドのように見えます。1つの宝石として固く結ばれた家族を表現できるペイブセッティングは、遺灰で作られる遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪にとって情緒深い選択です。小ぶり、もしくは輝きが控えめの遺骨ダイヤモンドをリング/指輪にセッティングする場合にも、ペイブセッティングは魅力的です。

ペイブセッティング
ハローセッティング

ハローセッティング

ハローセッティングの遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪は、通常であれば中心の石を囲むように、同心円状または正方形にダイヤモンドが散りばめられています。ペイブセッティングと同じくハローセッティングは、リング/指輪に施された遺骨ダイヤモンドを大きく見せる効果があり、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪の全体的な魅力を高めます。さらに、このセッティングはメモリアルダイヤモンドの輝きも際立たせ、遺灰で作られる遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪の中で人気のあるセッティングとなっております。

遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪のカスタマイズ

遺骨ダイヤモンドは、亡くなられた愛する方を永遠に大切にするためのメモリアルダイヤモンド・ジュエリーで、このコンセプトをより強固にするため、ロニテ(LONITÉ)では、東京をはじめとする日本に住んでいる人たちに対して、火葬後の遺灰・遺骨から作られたダイヤモンドをリング/指輪にカスタマイズで施すことができる5種類の方法を提供しています。

2つのハートが寄り添う遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪

ハート型の遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪

美しいハート型のリングは、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪のデザインとして完璧なもの一つだと言えます。ハート型の遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪には、愛を象徴するハート型のダイヤモンドがあしらわれ、愛する方との思い出をそこに映し出すことができます。シンプルで象徴的な外観で知られるこのデザインを選ぶことは、大切な方を想い続ける美しい方法です。ロニテ(LONITÉ)では、東京をはじめとする日本にお住まいのお客様の個別リクエストに応じて、ハート型の メモリアルダイヤモンドカット をお選びいただけます。

2つのハートが寄り添う遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪
ガラスドームの指輪

遺骨ダイヤモンドで作られたガラスドーム

いつでも大切なものを眺められるように設計されたガラスドームデザインは、亡くなられた愛する方がいつまでもあなたの側にいるというコンセプトをより一層確かにします。

ガラスドームは、小さな開口部のある小ぶりのアクセサリーです。 ロニテ (LONITÉ)では、遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪に取り付ける前に、遺骨ダイヤモンドからガラスドームを作成できます。密閉可能な小さい入り口を作成することにより、愛する方が旅立たれる前に使用していた小さな品々をドームの中に飾ることがきます。

ピュアリーカラーレス(Purely Colorless™)の遺骨ダイヤモンドで作られたガラスドーム内のものは、外からいつでもはっきりと見ることができます。このデザインでは、密封可能なガラスドームのカプセルの中に大切なものを保存することができます。独自性あるこのガラスドームのデザインは、最も安全かつ現実的な方法で、故人の方が生前大切にされていた品々をしっかりと保存することが可能です。

あなただけの愛のメッセージを刻印できます

印または愛のメッセージが刻まれたメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング

スタンプもしくは彫刻により、美しく細工されたリングに個別のメッセージを入れることも可能です。さらに、愛する方が残された筆跡を使用してパーソナライズされたメッセージを遺骨ダイヤモンドに入れることもできます。この遺骨ジュエリーリングのデザインは、旅立たれた大切な方からの特別なメッセージをいつまでも心に留めておきたい方におすすめです。

火葬後の遺灰・遺骨で作られたメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪に、愛する人の名前を入れることもできます。レーザー刻印 により、個別の愛のメッセージやお二人の記念日をダイヤモンドの側面に刻むことができます。

メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪は、ロニテ(LONITÉ)のメモリアルダイヤモンド・ジュエリーに

あなただけの愛のメッセージを刻印できます
指紋リング

指紋を取り込んだメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪

指紋を美しく取り込んで指輪に残すことも、愛する人の思い出を永遠にする素晴らしい方法の一つです。特注だからこそできるこの遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪のデザインは、火葬後の遺灰・遺骨から作られた遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪に浮かぶ指紋は、大切な方の手のひらや温かみを思い出させてくれます。

インナーメッセージリング

遺骨ダイヤモンドジュエリーリング/指輪のインナーメッセージは、リングの内側にしっかりとメッセージを刻み込むことで、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪着用時にそれを遺族の方の皮膚へと伝えることができます。世界に一つだけのものとなるこのデザインは、大切な方が生前あなたに贈られたお言葉を、亡くなった後もより物理的な方法で反映することができます。火葬後の遺灰・遺骨で作られたインナーメッセージリングは、大切な方の記憶を永遠に刻むための深みのある方法です。

インナーメッセージ
金属それぞれに色の個性が出ます

適切な金属の選び方

最高品質の金属のみが、メモリアルダイヤモンドの永続的な美しさに値し、お選びいただけるジュエリーには、それぞれ独自の性質があります。遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪に適切な金属を決定するため、以下の選択肢の詳細をご覧ください。

金属それぞれに色の個性が出ます
白金

白金

90%から95%という純度の高さに裏打ちされたプラチナ は、ジュエリーに加工される最も強く耐久性のある金属の1つです。プラチナは損傷に強く、時間の経過とともに摩耗することはありません。その白地の色と気品ある外観が特徴のプラチナは、研磨するとサテン仕上げになります。プラチナは宝石界で最も人気のある金属の一つで、市場で高価に取引されています。

3色ゴールドリング

ゴールドはジュエリーとして広く親しまれており、その人気はプラチナに匹敵します。また、プラチナより比較的安価です。 イエロー、ホワイト、ピンクと色の種類が豊富なゴールド は、様々なジュエリーに加工することができるエレガントな金属です。イエローゴールドは伝統的で時代を超越した美しさで知られており、ホワイトゴールドはより繊細でプラチナのような色合いです。ピンクゴールドは、銅と混ぜることによってできる金の合金で、バラ色の可愛らしい色合いが印象的です。

3色ゴールドリング
パラジウム

パラジウム

パラジウムは、ホワイトゴールドのように、外観は光沢あるプラチナと類似しており、ホワイトゴールドよりもはるかに耐久性があるため、人気があります。最もファッショナブルな金属一つとして認識されているパラジウムは、プラチナと同じ金属グループに分類されます。外観は類似しているものの、パラジウムはプラチナに比べて柔らかく、お手頃な価格です。パラジウムは、プラチナの外観と金の柔軟性を兼ね備えており、華やかで現代的なジュエリー作りに最適な金属です。

シルバーは、ジュエリーに使用される最もお手頃な貴金属の1つです。金と同様、純銀は非常に柔らかく、損傷しやすい傾向があります。銀は銅などの金属と混合することで耐久性が増し、ジュエリーの作成により適したものになります。金と同様に、銀は「混合物」に含まれる銀の割合に基づいて評価されます。スターリングシルバーは、金属の最も純粋な形の1つで、最低でも92.5%の純銀を含んでいます。

各金属の特徴:

金属 色の種類 特徴 構成 金額 性能
白金 淡い灰色がかった白 耐久性に優れ、長持ちする硬い金属 プラチナ95%、その他の合金5% 高価 損傷に強く、磨耗しない。
パラジウム プラチナとホワイトゴールドに類似。ただし、ホワイトゴールドとは異なり、ロジウムメッキは不要。 高純度のレアメタル パラジウム95%、その他の合金5% プラチナより安価 硬さはあるが、プラチナよりも比較的軽い。磨きや修理が簡単。
18金 イエロー、ホワイト、ピンク 金の純度が高く、長い歴史を持つ金属 金75%、合金25% プラチナよりも安価。しかし、評価は高い。 柔らかくしなやかな金属。華やかで現代的なジュエリーにふさわしい。磨きや修理が簡単。
14金 イエロー、ホワイト、ピンク あらゆる種類のジュエリーに使用される硬い金属 金58.3%、合金41.7% 18金よりも安価。しかし、評価は高い。 柔らかくしなやかな金属。華やかで現代的なジュエリーにふさわしい。磨きや修理が簡単。
メタリックグレー 柔らかく、あらゆるの種類の宝石を作ることができる金属 銀92.5%、銅7.5% 上記の金属と比較して最も安価 柔らかくしなやかな金属。華やかで現代的なジュエリーにふさわしい。磨きや修理が簡単。

プラチナとゴールド

よくある質問

1. ホワイトゴールドとプラチナの違いは?

金と白金 は、指輪用に最もよく加工される金属2つです。それぞれ独自性のある金属ですが、類似点も多くあり、よく比較されてます。ゴールドとプラチナの最も際立った物理的特徴は、その色にあります。プラチナは自然に発生するホワイトメタルであり、ゴールドの加工されていない自然な色は常にイエローです。白金は金よりもはるかに強度が高く、純粋な状態でも非常に柔らかい金属です。そのため、プラチナの外観と強度を模倣するために、ホワイトゴールドはロジウムの薄いメッキで処理されています。この方法は短期間は有効ですが、ロジウムメッキは時間の経過とともに摩耗する傾向があり、その下にある金合金の色は次第に露出してしまいます。

金合金の色合い

2. ホワイト、ピンク、イエローなど、金の色が異なるのはなぜ?

金の自然な状態の色合いは、黄色のみです。ただし、使い方次第では、黄色単色のトーンはコントラストが強くなりすぎてしまい、多くのジュエリーに不向きです。これらの問題に対処しつつ多様性を生み出すために、金を他の金属と混ぜることで、色合いの異なる合金を作ります。加えられる金属に応じて、金はイエロー、ホワイト、ピンクなどさまざまな色に変化します。

金合金の色合い

3. どの金属がメモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪に最適?

ジュエリーは各個人に合わせて多種多様に作りあげるものであるため、「最高の」金属が必要です。しかしながら、プラチナ、18金、14金は、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪に最も一般的に使用される金属となっています。

プラチナは、柔らかな白い色合いと純度90%〜95%が特徴です。14金より40%も重く、簡単に変色したり酸化したりすることはありません。3つの選択肢の中で最も高価で、洗練された印象を与えるプラチナは、遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪の美しさを引き立てます。

金は比較的安価であるため、好まれています。さらに、そのナチュラルで暖かみがあり、バリエーション豊富な色は、ジュエリーの王道となっています。24K(カラット)ゴールドは最も純粋な形の金ですが、非常に柔らかく、ジュエリー使用時に損傷を受けることがしばしあります。代わりに、14Kゴールド(金14:他の金属10で構成)と18Kゴールド(金18:他の金属6で構成)の二つがジュエリーに加工されます。

適切なリングサイズの選択方法

リングが大きすぎると、紛失リスクが高くなります。かといって小さすぎると、装着するのが苦痛となってしまいます。このことから、完璧なリングサイズ選びは非常に重要です。火葬後の遺灰・遺骨から作られるダイヤモンドのリング/指輪は唯一無二のものであるため、適切なサイズを決定するために時間をかけることは、大切な遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪を長年愛用できるようにするための重要なステップです。

リングサイズの測定

指のサイズを測定するために参考にできる情報はインターネット上に多数ありますが、自分自身で、もしくは専門家の助けを借りて店舗で測定する方法が最も正確でしょう。リングサイズを素早く簡単、かつ正確に測定できる方法は以下の通りです。

リングサイズの測定

1. まず初めに、紙を一枚または糸を一本切ります。
2. 指の付け根に巻き付けて、フィット感がきつすぎず、ゆるすぎないことを確認します。
3. 紙もしくは糸が指を一周した所でマークします。
4. 最後に、その一周分の長さを測定し、Webサイト上の対応するリングサイズに変換します。

リングサイズの測定
カップルリング

男女別 一般的なリングサイズの範囲

男性用リングのサイズは通常13号〜18号と言われていますが、年齢や体格、環境によってサイズが異なります。最近はスリムな体型の男性が多いため、20代~30代の男性で11号~13号のリングを求める方も増えてきています。女性用リングのサイズは通常8〜10号です。一般的なジュエリーショップの既製品のリングのサイズは9号・11号が多く、20代の女性の間では6号~9号のリングが人気です。

いくつかのリング測定基準

測定中のヒント

完璧なリングサイズを見つけるために 役立つヒント をご案内します。ご自身で指のサイズを測定する際にご注意いただきたい点などをご参照ください。
1.宝石店で色々なサイズを試す場合、選ばれるサイズが指にフィットし快適に感じるかどうかをご確認ください。適切なサイズは、指輪をはめる箇所にしっかりとフィットしますが、無理なく指の上を滑らせることができる程度にゆったりしています。
2. 時間、天気、健康状態によって指のサイズが変わることを覚えておいてください。一貫して適度なフィット感を得るには、数週間かけて指のサイズを数回測定する必要があります。
3. 何度も試着したり、頭で覚えるだけではなく、測定サイズをその都度書き留めてください。
4. 夜間は指がむくむため、午前中に測定するとサイズが変わる可能性があります。

いくつかのリング測定基準
指輪の底に糸やリボンを巻きつけることで、遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪の緩みを調整できます。

よくある質問

1. リングのサイズが大きすぎる場合は?

サイズを大きくしすぎると、特に遺灰・遺骨ダイヤモンドジュエリーリング/指輪の完成をお待ちいただいている間に痩せてしまった場合、後悔するかもしれません。しかし幸いなことに、簡単な方法でその問題を解決することができます。1つは、リングのベースに糸やリボンを巻き付ける方法です。これにより、空いているスペースがなくなり、目立つことなくサイズを調整することができます。その他の方法は、 指輪の底面に収まるようにプラスチックやゴムバンドのサイズを調整して差し込むこと。 これにより、サイズを変更せずとも指輪をフィットさせることができます。

2. リングのサイズが小さすぎる場合は?

メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪が小さすぎる場合、一番の解決策は、地元の宝石店でダイヤモンドリング/指輪サイズの調整を依頼することです。リングのサイズ変更は比較的簡単にできるプロセスで、リングそのもの作成よりも時間はかかりません。金属の種類によりプロセスは異なりますが、遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪のサイズ変更は、他のリングと同様に処理できます。

ダイヤモンドリング/指輪のお手入れ

メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪のお手入れ

選ばれる金属の種類に関係なく、以下のお手入れは、メモリアルダイヤモンド・ジュエリーリング/指輪を磨き、傷のない、新品同様の状態に保つために役立ちます。: 1. 金属によっては簡単に傷が付きます。そのため、宝石は1つずつポーチに分けて宝石箱に保管するのがベストです。ジュエリーを脱脂綿で包むこともおすすめです。傷に対する二重保護レイヤーとして効果を発揮します。
2. ジュエリーを清潔に保つために、中性洗剤をぬるま湯で薄めてジュエリーをすすいでください。遺灰・遺骨ダイヤモンドリング/指輪を保管する前に、柔らかい布で水の雫をすべて拭き取ってください。

ダイヤモンドリング/指輪のお手入れ

3. 毛が柔らかい歯ブラシ(子供用歯ブラシなど)を使用して、ジュエリーの頑固な汚れや隙間を掃除してください。大人用歯ブラシを使用すると、傷をつけてしまう可能性が高くなります。
4. 予防措置として、塩素入りプールでの水泳、有害な化学物質の使用、激しい身体活動などリスクがある激しいアクティビティの最中は、必ずジュエリーを取り外してください。
5. 疑問点がある場合は、具体的な宝石のお手入れ方法を宝石商にお尋ねください。ダイヤモンド、金やその他の大切なジュエリーに適したお手入れの製品をおすすめできるかもしれません。火葬後の遺骨・遺灰から作られたリング/指輪は本物のダイヤモンドなので、天然ダイヤモンドと同様のケアが必要だということに注意してください。

3色ゴールドリング

世界の有名なダイヤモンドリング/指輪

キャリー・アンダーウッドのフローレスイエローダイヤモンドリング/指輪

セレブの婚約指輪で言えば、キャリー・アンダーウッドのフローレスイエローダイヤモンドリング/指輪 が誰からも愛される一番有名なダイヤモンドリング/指輪でしょう。実際、「アメリカン・アイドル」優勝者の薬指につけられたこの婚約指輪は、最初にお披露目されたときから非常に大きな話題となりました。スターホッケー選手のマイク・フィッシャーは、ハローデザインの巨大なカナリアイエローダイヤモンドにこのカントリー・シンガーへの愛を詰め込みました。ジョナサン・アーントによるデザインのこのリング/指輪には、合計12カラットの輝かしいダイヤモンドが散りばめられています。リング中央のまばゆいイエローダイヤモンドは、それ自体に5カラットの重さがあります。大小のダイヤモンドで全面を装飾しだこのリング/指輪にフィッシャーは100万ドル以上を支払ったと噂されており、一見の価値があります。

キャリーアンダーウッドの完璧なイエローダイヤモンドリング
エリザベス女王2世の婚約指輪

エリザベス女王2世:プラチナのソリテールダイヤモンドセット

フィリップ王子は、シンプルでエレガントなダイヤモンドリング/指輪を女王に選びました。女王の所有する他の宝飾品に比べると、このリング/指輪は小さいものかもしれませんが、女王のお気に入りで最も大切にしているダイヤモンドジュエリーの一つであると考えられています(実際、かなり頻繁に身に着けられています)。

このプラチナリング/指輪には、中央に3カラットのダイヤモンドソリテールと、両側に5つの小さなダイヤモンドがちりばめられています。ロンドンの宝石商、フィリップ・アントロバス社でこのダイヤモンドのリング/指輪を女王のためにデザインする際、フィリップ王子は多大な関心を集めていたと言われています。ダイヤモンドがフィリップ王子の母、 アリス・オブ・バッテンバーグのティアラから受け継いだものという事実は、リング/指輪をさらに特別なものにしています。こういった永続的な家族関係は、火葬灰のダイヤモンドから作られたリング/指輪の特徴にも当てはまります。

ジャクリーン・ケネディの
婚約指輪

ジャクリーン・ケネディ:エメラルドとダイヤモンドのリング/指輪

ジャッキー・ケネディとジョン・F・ケネディのおとぎ話のような恋愛は、当時世間の一番の話題で、今でも語り継がれています。ジョン・F・ケネディがジャッキーへの愛を象徴するにふさわしい豪華なダイヤモンドのリング/指輪を選んだのは当然かもしれません。

2カラットのダイヤモンドと2カラットのエメラルドのセッティングには、中央にあるこの2つのストーンを強調するダイヤモンドのクラスターも散りばめられています。金で作られた指輪の上で2つの宝石が並び合うこのユニークなデザインは、今日でも多くの人々を魅了し続けています。ヴァン・クリーフとアーペルによるデザインは、対照的要素と印象的デザインが織り成す傑作と言われています。

ジャクリーン・ケネディの
婚約指輪
ブルー・ハート・ダイヤモンドリング/指輪

ブルー・ハート・ダイヤモンドリング/指輪

ブルー・ハート・ダイヤモンドリング/指輪の起源は、1909年から1910年までさかのぼります。「ウジェニー・ブルー」と呼ばれることもありますが、フランス皇后ウジェニーとダイヤモンドの関係が間違って由来しているためと専門家は分析しています。皇后の生きた時代とこのダイヤモンドリング/指輪が作られた時期は全く異なっており、かなり疑わしいと言えます。

ハート型のダイヤモンドの重量はおよそ35.27カラットで、25個の透明なダイヤモンドのクラスターがリング/指輪周りに散りばめられています。 驚くほど青いその色が特徴で、カルティエが1910年にウンズエ夫人というアルゼンチンの女性にダイヤモンドを売買したと考えられています。この端麗な青いハートの宝石は数年後にワシントンDCのスミソニアン協会に寄付され、今日まで残っています。