top of page
  • Writer's picturelonite

ペットを失った痛みにどう対処するか?

Updated: Dec 14, 2023


人が生きていく上で、死は避けられないものであり、逃れることはできない。死を認め、そこにあることを受け入れなければならない。残念ながら、生命の法則から逃れることはできないのです。これはどんな生き物にも当てはまることで、私たちの可愛いペットも同じです。あなたの仲間をあなたのそばにとどめておきたいなら、メモリアル・ダイヤモンドはその願いを叶えることができます。

ペットは、私たちの生活に喜びや楽しみを与えてくれる仲間です。ペットと飼い主の日々のふれあいを通じて、深く誠実な関係が築かれていきます。ペットが死ぬと、飼い主にとってトラウマになることがあります。ペットを失ったことによる強い心の痛みは、長い間続くことがあります。決して楽なことではありません。


ペットを失うことは、なぜこんなに辛いのでしょうか?

ペットは飼い主の生活の一部となり、大切な家族の一員となっています。お別れの時は、とても辛く、感情的なものです。可愛いペットが旅立つとき、その痛み、悲しみは、たとえ誰かに理解され、納得されなくても、人間を失うのと同じくらいとても大切なことです。

この状況に対処するための認知ツールを得ることができるように、心理学者やサイコセラピストなどの専門家の助けが必要だと思うのであれば、どんな理由でも恥じることはないのです。

愛するペットと堂々とお別れし、供養する方法はたくさんあります。 また、一般の方には知られていないことが多いのですが、今、動物の葬儀が盛んになってきています。

儀式の重要性

人間は、社会の誕生から現代に至るまで、避けられない「死」に対処するために、さまざまな儀式を発展させ、実践の試みしていきた。現在、最も流行しているのが葬儀と埋葬である。また、埋葬の方法もたくさんがあり、その起源もさまざまである。

宗教的な意味合いが強いものから、衛生的な意味合いが強いものまで様々である。動物の家畜化は数万年前のことであり、ペットの死にもこれらの儀式が適用されるようになったのは当然であろう。

火葬と完全埋葬


そのため、ペットの埋葬や納骨の選択は、飼い主が悲しみと向き合うための最良の方法となります。現在、ペットの埋葬には、火葬と完全埋葬の大きく2つの選択肢があります。

まずは、キリスト教文化に深く根ざした儀式である、完全埋葬から見ていきましょう。埋葬というと、棺桶や墓地、墓石など、何世紀も前からある、ごく一般的なシステムです。そのためには、自分の自治体や近隣に、動物用の特別な墓地があることが必要です。

一方、動物の火葬は、通常の人の火葬に相当するものである。犬や猫(馬も可)の遺体を専用の機械で焼いて灰にし、骨壷と呼ばれる容器に収集する。

遺灰をどうするかは、飼い主や家族が決めることです。遺骨ダイヤモンドの製作が流行ってきています。そこである埋葬方法が登場しています。近年、遺灰からメモリアルダイヤモンドを作ることが人気を集めています。


ペットを記念する方法?


Pets Are Becoming Family Members in Modern Homes
現代の家庭において、ペットは家族の一員となりつつあります。

写真や記念品、メモリアルツリーなど、可愛いペットを偲ぶ方法はさまざまです。動物であれ人間であれ、大切な人を思い出すための物理的な何かを持つことは、不在による苦痛をゆっくりと和らげてくれる、優しく繊細な方法なのです。ペットの写真でも、ペットが持っていた物でも、あるいは一緒に過ごした時間を思い出すために家にコーナーを設けるなど、何か別のものを用意するのです。もちろん、これは葬儀やお別れの大切さに取って代わるものではありません。


メモリアルダイヤモンド


メモリアルダイヤモンドの製作は、ペットを偲ぶのに最適な方法の一つでしょう。メモリアルダイヤモンドの製作は、Lonite™などの企業が行っています。高度なカスタマイズサービスのお陰で、ペットからメモリアルダイヤモンドを個性的に作るための多くの可能性を実現したのです。

メモリアルダイヤモンドを作るには、単なる炭素が必要です。灰や毛皮から直接抽出されることができます。その工程には数ヶ月を要しますが、愛を象徴するジュエリーが出来上がり、忍耐強さに報われます。

メモリアル・ダイヤモンドは、亡くなったペットの思い出を象徴するものです。ダイヤモンドはジュエリーの中にセットして、日中身につけることもできますし、ジュエリー箱に置いて、象徴的な安息の地としておくこともできます。遺骨ダイヤモンドとも呼ばれるメモリアルダイヤモンドは、その人の日常生活に欠かせないものとなり、可愛いペットがいつまでも飼い主と一緒にいるような気がします。

犬や猫、馬など、どんな動物でも人間にとって最高の伴侶になることができます。人によっては、動物が自分の子供の代わりであったり、亡くなった子供の代わりであったりします。ペットのおかげで、人生はより面白く、より美しいものになるのです。

0 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page