LONITÉ

生命の元素:炭素

炭素[C]は人体の18%を構成しており、ダイヤモンドは結晶化炭素です。メモリアル・ダイヤモンドはご遺髪およびご遺灰中に含まれる炭素を使って成長させた本物のダイヤモンドです。

窒素[N]は人体の3%を構成しており、薄い黄色から濃いオレンジ色まで色々な自然な琥珀色(Naturally Amber™)にダイヤモンドを発色させます。

純粋に無色(Purely Colourless™)のダイヤモンドは炭素[C]から窒素[N]を除去することによって作られます。

理論

自然環境の再現。

天然ダイヤモンドは地下深くの極めて高温高圧の環境で生成します。

同じように我が社の研究所内でこの自然環境を再現し、極めて高温(3000K)および高圧(60000Bar)を精確に作り制御することで、ご遺髪またはご遺灰由来の炭素をダイヤモンドに変えます。

LONITÉ

技術的ノウハウ

I. 炭素の精製
4Nの純度(99.99%)に至るまで5000分がかかります。

1回の注文で精製に約5000分かかります。

不純物が取り除かれ、最初の不純物の量の500分の1まで洗練され、4Nの純度(99.99%)が得られます。

すべての小さい事項までが丁寧に扱います。我が社は、最大の精度(医療グレードである0.001グラムまで)、品質および安定性を有する非常に専門的な最高水準の装置を使用していることを強調させていただきます。

18.2 MΩ.cmの超純水システム
水は、この超純水システムで18.2 MΩ.cm(飲料水の1250倍純粋)まで精製されます。外部の汚染物質の混入を避けるため、すべての容器が、この超純水で洗浄されます。

II. ダイヤモンドの結晶化
純粋に無色(Purely Colourless™)の場合は0.5~1.0 mg/時

結晶の核を精製炭素と一緒にします。H₂O(水蒸気)やO₂(酸素)のような大気中の分子が除去されるほど純粋で高密度にされます。

典型的な純粋に無色(Purely Colourless™)のダイヤモンドは0.5~1.0 mg/時という非常にゆっくりした速度で確実に成長します。遅いほど、安定した、良い結晶構造が得られます。1カラットのダイヤモンドに成長するのに750時間を要することもあります。

1MWの予備発電機
結晶化には数週間を要します。数分間の停電や電圧変動が重大な悪影響を与えかねないので、病院と同じように予備発電機が常時待機しています。

温度制御装置
ダイヤモンド合成炉の中心部の温度を精確に2651.6°Cに維持するため、弊社の工場では高精度温度制御装置が使われています。これによって内部の温度を一定に維持し、外部の温度変化が影響を与えないようにしています。

[*]注意:技術ノウハウ保護のため、データは加工されています。

科学的に証明されています。

LONITÉ memorial diamond origin analysis on hair and cremated bones img 1 LONITÉ memorial diamond origin analysis on hair and cremated bones img 1

短波長紫外線のような特殊な環境下での蛍光および発光追跡がダイヤモンド分析では一般的に用いられています。我が社の研究所では、さらに広範囲で高度な試験方法が用いられています。

化学密度での原子追跡。

光学的および化学的にメモリアル・ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じように見えます。

しかし炭素原子および化学密度にわずかな違いがあるため我が社の専門家達は本物のメモリアル・ダイヤモンドを科学的および技術的に区別することができます。

分析報告書付きで起源の保証。

弊社のダイヤモンドにはすべて起源の保証とプロセス分析報告書が付けられ弊社のダイヤモンドがお客様の愛する方のご遺灰由来であることを科学的に判定し証明しています。

独立の研究所による証明。

ご提示する分析記録、研究所のデータ、化学的および物理的要因は、どの独立の認証および品質管理機関でも再証明し、検証することができます。

ロニテ社(LONITÉ™)は、ご遺骨や遺灰、遺髪などを遺骨ダイヤモンドに変更する

お客様のメモリアル・ダイヤモンドの炭素起源は技術的に追跡し同定できます。
2015年に、この上ない技術革新が弊社の優秀な研究チームによって初めて実現されました。

技術的手順
段階 1

材料の検査

ご遺灰やご遺髪に含めている炭素はダイヤモンドに成長させるのに十分な量であるかどうかを最初に確かめて分析されます。ご遺灰の炭素含有量は一定ではないため、含まれるすべての炭素が弊社のダイヤモンド創作プロセスを成功させるのに十分であるかどうか確かではありません。従いまして、予備のため、ご遺族の毛髪試料を追加でご提供下さることをお勧め致します。

Carbon analysis meters display during cremation diamond creation process step 1

ご遺髪/ご遺灰中の炭素含有量を求める元素分析計のメーター

段階 2

惑星系のようなナノ結晶化システム

特殊な溶媒中で不純物除去剤の働きで不安定な化学物質を取り除きます。次に精製したご遺灰またはご遺髪が特殊な化学的なガス環境に入れ、粉砕してナノ粉末を得られます。不純物除去剤は不純物に付着し、高速遠心器で除去されます。さらに、特殊な処理および技術によって残存する炭素が十分に保存され、抽出される他の元素は最小量となります。

自転と公転から成る惑星系の動きに似た粉砕装置

段階 3

加熱真空精製

ご遺灰またはご遺髪は揮発性の不純物を除去するために、さらに極限まで加熱されます。このプロセスで酸素が除去され、ご遺灰またはご遺髪を酸化から保護するために、保護用還元ガスと混合されたある不活性ガスが導入されます。化学抽出は2回行います。高エネルギー化密閉容器中で高電圧をかけて化学物質を融かし気化させて固体炭素を分離する場合もございます。

ご遺灰またはご遺髪を酸化から保護するために保護用還元ガスがマッフル炉に導入される。

段階 4

湿式化学的炭素精製

ご遺髪またはご遺灰は次に安全で頑丈なキャビネット中に置かれ、湿った化学的環境中で重金属を除去することで精製されます。自動およびプログラム制御の温度、攪拌速度、および試薬の量で炭素の品質が決まります。この最終精製段階の終わりに、炭素の純度は99.99%に到達します。もしこの段階までに純度が99.99%に届かないなら、特別な追加の精製操作を施し、残った不純物を除去します。

純度は化学の専門家自ら高められます

段階 5

高温高圧での結晶化

ご遺髪/ご遺灰由来の炭素原子を本物のダイヤモンドに変換するため高温高圧がかけられます

抽出された純粋な炭素はグラファイト片に変換され円柱状に成型されます。純粋な円柱状の炭素をダイヤモンド合成器に入れる前に、圧力および温度測定、断熱および保護のような機能を要求する技術的最終段階でグラファイトが保護用受け材で包んで準備します。注文を受けたメモリアル・ダイヤモンドの大きさや色に応じて数日から数ヶ月の変換時間がかかります。

段階 6

ダイヤモンドの研磨

採掘されたダイヤモンドと違い、メモリアル・ダイヤモンドの原石は特にダイヤモンドの表面にグラファイトや他の材料と混ざっているのが普通です。成長させたダイヤモンドを専門に取り扱う熟練者によって原石は丁寧に研磨されます。ご希望であればカットしないダイヤモンド原石をご提供することも可能です。しかし、特別な研磨技術のない未経験なダイヤモンド研磨職人はこのダイヤモンドを破損する可能性が高いため配送後にダイヤモンド原石を研磨してはいけません。